秋の食中毒 
今回のテーマは“秋の食中毒”について。

食中毒といえば、梅雨の時期や真夏など気温が高くて湿度も高い季節のもの、という印象を多くの方が持たれているかもしれません。それに対して秋は、気温が下がって蒸し暑さもなくなり、食中毒が起こりにくい季節と思われがちです。

ところが年間を通して、細菌を通した食中毒が多い時期というのは6月から10月の間とされていて、秋の初めごろもその期間にかかっています。その中でも食中毒全体の数は、9月から10月にかけて大きなピークを迎えるのです。

つまり食欲の秋こそ、食中毒に注意をしなければならない季節ということになるのです

そこで今回は秋に食中毒が多い理由とその予防方法をご紹介しましょう!ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【さんまの塩焼き】グリルを使わずに焼く方法!フライパンで美味しく作る手順とコツ
 

スポンサーリンク

なぜ秋は食中毒になりやすい?原因は?

秋に食中毒になる原因
食中毒の中でも細菌やウィルスによるものは、体の抵抗力が落ちた時に発症しやすくなります。

秋といえば、まだ夏バテが残っている人も多いことでしょうし、朝晩の冷え込みが原因となって体の抵抗力が落ちている場合もあります。そのような時、元気な時は感染しても気付かないうちに自然に治ってしまうような病気でも、発症してしまい、時に重症化してしまいます。

秋といえば行楽シーズン。運動会やお祭りのような行事やバーベキューなどで、屋外での食事が増え、そのような時に細菌などに汚染された食べ物を取る機会が増えるという原因もあります。

また、秋はサンマなど旬な魚がおいしい時期ですが、生魚には腸炎ビブリオ菌が付着している場合もあります。この菌は、秋に一番繁殖することが知られているので、刺身など生で食べる場合は注意が必要とされています

秋の食中毒を予防する3つの対策

それでは、食中毒を防ぐには、どのような対策が必要でしょうか。

それには、食中毒の原因となる細菌などを食材に付けない事、付いた細菌などを増やさない事、そして細菌など消毒すること、この3つが大切とされています。

1.必ず手や食器をよく洗ってから食材に触る

手を洗う
食中毒の原因を食材に付けないためには、調理前に手や食材を良く洗う事が基本中の基本です

また、まな板や包丁などの器具は、使った後にはその都度、よく洗ったり殺菌するよう心がけましょう。というのも、生の肉や魚などに触れた器具から、野菜など加熱せずに口に入る食材に細菌などが付着する場合があるからです。

さらに、古くなって傷んだ食材やシンクの隅の生ごみなどが食材と接触しないよう注意しましょう。

2.細菌が増える前に調理して早く食べる

食材に付いた細菌などを増やさないためには、どのようにすれば良いでしょうか。

細菌もある程度は食材に付いてしまうことは仕方のないことですが、それも一定以上増殖しなければ問題になることはありません。ですので、食中毒を起こすくらい増える前に、素早く調理をし、調理した後もできるだけ早く食べてしまうことが大切です

また、細菌を増やさないために冷蔵庫で保存する事はとても有効ですが、ここで注意することは、冷蔵庫で保存している途中でも細菌は緩やかに、少しずつ増えていってしまうことです。

冷蔵保存は絶対的に有効なものではないので、冷蔵庫に入れてあるからと安心せずに、早く食べきりましょう。冷蔵庫の中を整理して冷蔵効率を高めてやることは、省エネにも繋がりますね。

3.加熱調理で多くの細菌は死滅する

加熱調理
最後に細菌などを死滅させ消毒するには、どのようにしたら良いでしょうか。

それにはまず、加熱調理が大切です。食材の中心を75度以上で1分間以上加熱すれば、大部分の細菌などは死滅してしまいます

まな板や包丁、ふきんなどは、適切に管理しないと細菌の温床となってしまうので、洗剤などでこまめに洗い、熱湯で消毒するようにしましょう。

高温で食器を洗浄してくれる食洗器は安全だと思われがちですが、実はこれも調理器具などと同様、管理を怠ると細菌が増えてしまい、かえって不潔な事になってしまうので、やはりこまめに洗浄するよう心がけるのが大事です。
 
関連:【食欲の秋】きのこは冷凍保存が良い?栄養アップで美味しくなるメリットも!オススメ保管方法は?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

海のもの、山のもの、いろいろな食材がおいしくなってくる秋。せっかくだから、それらを楽しみたいものですが、それを食中毒で台無しにしてしまっては、非常にもったいないです。

蒸し暑い夏が過ぎたからと決して油断などせず、食中毒には夏以上に細心の注意を払って、お腹いっぱいおいしいものを食べて、食欲の秋を満喫しましょう。
 
関連:季節の変わり目に体がだるいのはうつかも?秋に体調不良になる3つの原因と対策
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ