睡眠 
今回のテーマは“大人のバンザイ寝”について。

皆さんは、朝気づいた時にバンザイした状態で目覚めることはありませんか?特に気にしていない方も多いと思うのですが、実はバンザイした状態で寝ているということは、体からのSOSのサインの表れなのです

今回は、そのSOSが何なのかをご紹介しましょう。普段の疲れがなかなか取れない方や睡眠不足の方は、実はこれが原因ってことがあるかもしれませんよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【簡単】寝る前に食べるだけで痩せる?はちみつダイエットの効果と方法とは?
 

スポンサーリンク

要注意!大人のバンザイ寝はSOSのサイン?

 
疲れの原因

疲れや体の不調の証

バンザイしたり、腕を上げる寝相は体の警告のサインと言われています。腕を上に上げた状態は、肩の筋肉や背中上部がゆるんでしまう為、肩こり・首こり・目や頭の疲れがある人がついとってしまう寝姿勢なのです

ストレッチで伸びをすると気持ち良いのと同じ理由です。

バンザイ寝を続けているとどうなるの?

両手を上に上げた状態で寝続けている人は要注意です。腕や肩が冷えて血行が悪くなったり、長時間続けることによって他の筋肉が緊張して睡眠の質を下げるので、体調を悪くする可能性があります。また気道が狭くなるので、ひびきをかきやすくなります

バンザイ寝を治すには?

就寝中に自然と取ってしまう姿勢を意識して治すことは難しいですが、寝相を治す為にまずその原因となる体の不調を治すことが大切です。生活習慣を見直したり、適切な治療を受けるなどの対処をしましょう。

すぐ出来る実践法としては、背中の中心をゆっくり押してもらうこともお勧めです。これだけでも背中の緊張が少しゆるみます。また、冷えが疲れの原因にもなるので日頃から温めて疲れを溜めない生活を心がけることです
 
関連:ツラい咳にパイナップルが効く?最強の咳止めパインジュースの作り方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

寝るとき、手をバンザイした状態で気持ち良いと感じていても、長時間続けることによって血行が悪くなり、冷えの原因になります。次の日も疲れが取れないようになってしまい、またバンザイ寝をしてしまうという悪循環に陥ってしまいますので、日々の生活を見直してなるべく疲れを溜めないように心がけましょう

それでは!
 
関連:花粉症時期に使える!“カトちゃんぺ”でくしゃみを止める方法?
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ