ブーツの臭い
 
どうもこんばんは、管理人のエッコです。

今回のテーマは“ブーツの臭い”について。

冬のブーツ、脱いだら臭うので、人前で脱ぎにくいということありませんか?

・忘年会
・新年会
・送別会
・歓送迎会

など、毎日のように飲み会が続く時期だと本当にブーツは脱ぎたくないものです。ブーツの臭いを毎日気にしていなければいけません。

「なるべく座敷はやめてくれ……」

って思っちゃいますよね(笑)

靴を脱がなくてもいい店だと分かるとホッとします。ホッとしすぎでお酒の量も増えてしまう事も・・・。

ブーツの臭いがしないように気を遣っているつもりでも、やっぱりお座敷での飲み会の時はとても緊張するものですね。

今回はそのような悩みを持つ方に、ブーツの臭いをなるべく出さないようにする対策、また染み付いた臭いを取る方法をご紹介したいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 
関連:【脱臭剤に?】真っ黒に焦げたパンが意外な事に使える!オススメ使い道3選
 

スポンサーリンク

ブーツの臭いの原因は“イソ吉草酸”(きっそうさん)?

 
臭い
 
ブーツが臭う原因ってご存知ですか?

足の悪臭の素は、脂肪酸の一種、「イソ吉草酸(きっそうさん)」。悪臭防止法で、アンモニアと同じように「特定悪臭物質」に指定されているものです。そのイソ吉草酸がブーツから臭っているという訳です。

どうしてイソ吉草酸ができるのかと言うと、足の裏の皮膚にいる常在菌が原因です。靴の中、特にブーツの中は高温多湿で、繁殖環境としては菌にとっては最高の場所なんです。

つまり、足の裏の菌が繁殖して悪臭をばら撒いてしまうと言う事なんですね。
 

ブーツの臭いを取る3つの方法

 
3つの方法
 
では、ブーツの臭いを出さないようにするにはどうしたらいいか。
3つの方法をご紹介しましょう。

1、爪の手入れが大事

 
まず、一つ目。

臭いの予防には足のお手入れをする事が大事です。

特に爪のお手入れが大切!足の爪って臭いを発する箇所なんです。

爪の間には垢や靴下のくず、そしてホコリが溜まりますね。爪には古くなった角質も溜まり、そして湿気もあるので細菌が繁殖しやすいんです。

という事で、まずはしっかり爪のお手入れしてください。
 

2、10円玉で消臭

 
そして2つ目。

これは聞いたことがあるという方も多いかも知れませんが、10円玉を使って消臭するのも非常に有効です。

イヤなニオイには「銅」の殺菌成分が効く、ってよく言われていますよね。どうして臭いに効くかと言うと、銅が含まれている10円玉は、汗に反応して「銅イオン」というものを出し、そして臭いの原因となる雑菌を分解してくれるからなのです。

家に帰ってブーツを脱いだら10円玉を入れる習慣を付けても良いかも知れませんね。
 

3、新聞紙や乾燥剤を入れる

 
3つ目は新聞紙や乾燥剤を入れて消臭するという方法です。

新聞紙を入れることによって湿気が吸収され、また新聞紙に含まれるインクも臭いを吸収してくれる効果があります

玄関に古くなった新聞を置いておいて、いつでも入れられるようにしておくのがオススメです。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

臭くなると分かっていても冬は寒いし、何よりオシャレの為、ブーツは欠かせませんよね。しかし、それと同じくらい消臭対策も重要になってきます。

特に長い時間を履くことが多い方は要チェックです。ぜひ、今回の内容を参考にしてみてくださいね!

それでは^^
 
関連:【意外】マッチに消臭効果?トイレ後の臭いを一瞬で消す方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ