パジャマ朝食
 
どうも、エッコです。

一人暮らしの朝ごはん、しっかり食べていますか?

家族で暮らしていると、朝起きると温かい朝食が用意されていたのに、一人暮らしとなると当然自分で作らなければなりません。

一人暮らし前は、栄養バランスの整った美味しい朝ご飯をゆったりと食べる姿を思い描いていたのに、実際は寝不足の重い身体をなんとか起こしてパジャマのままでなんとか食べている状態だったり、、、なんて事もありますよね^^;

早起きが苦手だと、手軽に朝食を済ませるためにパンとコーヒーだけで手軽に済まちゃう事もしばしば。

ですが、これ実はけっこうお金掛かっちゃってるんですよね。節約という面からみると、あまりコスパは良くありません。

しかも私の場合、食パンをトーストしただけでは物足りなくて、ついつい他のパンも一緒に買っちゃうんです…。そんな経験ありません?(笑)

パン屋さんに行くとどれも美味しそうだから買っちゃって、気付くと思わぬ出費になっちゃってたり…。

ま、それは置いておいて、今回は朝食でパンを食べるという人に向けた節約術をご紹介します!ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 

スポンサーリンク

食パンは冷凍するのがオススメ!

 
パン
 
まず、節約を考えるのならパン屋さんは月に数回のぜいたく品だと考えましょう。一個あたりの価格も高いですし、ついつい買いちゃう事もありますから。

コンビニやスーパーの菓子パンやお総菜パンなども、やはり毎日となるとそれなりの出費になってしまいます。それでもやっぱりパンは食べたいという場合は、食パンを常時ストックしておきましょう。

食パンは大体5枚入りや6枚入りで、一人では食べきれないと思うかもしれませんが、ここに関しては冷凍できるので全く問題ありません。

常温で置いておくとどんどん乾燥が進みますし、冷蔵庫で保管すると硬くなってしまうので、むしろ買ってきたらすぐに冷凍庫に入れたほうが美味しく食べることができます。トーストするなら凍ったまま焼くことで水分が保たれて、周りはカリッと中はしっとりと美味しく焼けますよ。

パンと一緒に食べるおかずも時間があれば作りたいところですが、わざわざ作らなくても、前日のおかずを少し取り置いておくのがオススメです。ご飯に合うおかずはだいたいパンにも合いますからね。

別々に温めて食べるのも良いですが、電気代やガス代、あと、時間の節約も考えるのであれば、冷凍庫から出した凍ったままの食パンに、昨日置いておいたおかずをそのまま乗せてトーストするっていう手もありです。

一食分のおかずには足りないような中途半端な残り物でも、このように朝食のトーストと一緒に食べる事で節約出来て美味しく食べられるのでオススメです。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
一人暮らしにおける食パンの節約術、いかがでしたでしょうか?

一人暮らしだと一人分だけを作るのは面倒だし、かといって余らせてしまうからと自炊をしないでいると、節約が難しいのはもちろん、栄養バランスも偏りがちになってしまいます。

面倒だからと食べないとか、お菓子だけで済ませる、なんて事をしていると体調を崩して、せっかく節約したお金も病院代に消えてしまうなんてこともありますしね。

しっかりと節約健康の両方を考えた朝食を食べるようにしましょう。

今回ご紹介したように、朝食の事を考えて、晩ご飯を少し多めに作ることで食材の無駄がなくなりますし、朝からしっかり食べて健康にも繋がります。

自分なりに色々と試して、健康的な”節約朝ご飯”を見つけてくださいね!
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ