カップ麺 
今回のテーマは“太らないカップ麺の食べ方・選び方”について。

インスタント食品は便利で、ついつい食べてしまいがちですが、全体的に高カロリーで、塩分や脂質も多くダイエット中は避けたいですよね。でも、炭水化物を控えているとどうしてもカップ麺が食べたくなる時ってありませんか?

そこで今回は、そんな忙しい時やダイエット中に、どうしてもカップ麺が食べたくなった時の太らない食べ方と選び方をご紹介しましょう。

ぜひ参考にして下さいね!
 
関連:紅茶でトキメキ度がアップ?飲むことで得られる4つの効果が凄い!
 

スポンサーリンク

ダイエット中のカップ麺の選び方

 
魚介スープ

1.ノンフライ麺を選ぶ

まずは基本のノンフライ麺を選びましょう。麺を揚げないだけで、カロリーは大幅に抑えられています。さらに歯ごたえがあるので、噛む回数が多くなり十分な満足感を得られるので、食べ過ぎ防止にも繋がりますよ

2.魚介系のスープにする

魚介類には、タウリンという成分が多く含まれていて、脂肪燃焼効果が期待できるのです。アサリやホタテなど、シーフード系は低カロリーで、脂肪を燃やすのに最適です

3.辛めのスープでもOK

辛めのスープには、香辛料が多く含まれているので、デトックス効果があります。体温上昇、代謝促進や脂肪燃焼などに効果があります

太らないカップ麺の食べ方

1.野菜と一緒に食べる

足りない栄養はサラダなどで補うようにしましょう。野菜を胃に入れておくと、満腹感も得られます。サラダが無い場合は、野菜ジュースなどでもセットにするよう心がけると良いですよ

2.スープは残す

スープには、塩分が強いので飲みきらない方が健康にも良いです。ダイエット中は、味気ないかもしれないですが、お湯を少し多めに入れてスープを薄めておくと、食欲増進を抑えられます

3.食べる時間・量・頻度に気を付ける

夕食や深夜に高カロリーの麺を食べれば、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられます。できれば、昼食時に食べるようにして、夕食は高カロリーの物を食べないように調整すると良いですよ。

また、カップ麺は、消化も良い方ではないので、胃に負担がかかってしまいます。食べる時間帯や、頻度・量には注意しましょう。
 
関連:【栄養抜群】そば湯は残すと勿体ない!その驚くべき健康効果と美味しい飲み方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カップ麺を選ぶ時は、ノンフライ麺を基本にスープは辛めの魚介系を選ぶようにしましょう。食べる時は、時間や量、頻度に気を付けて、野菜も一緒に食べると栄養面でも安心です。塩分が強いスープは飲まないように心がけて、あまり我慢しすぎずダイエットを頑張りましょう。

それでは!
 
関連:【カレー】認知症予防に効果的?インド人にボケてる人が少ない秘密とは
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ