ダイエット 
今回のテーマは“パーツ別の正しい測り方”について。

女性の永遠のテーマであるダイエット。ダイエットを始めようとウエストや太ももなど自分のサイズをいざ測ってみると、この場所で合ってるのかなと思ったことはありませんか?

健康的に痩せて成功させるには、自分の体とちゃんと向き合って、身長に対して何㎏が標準なのか知っておく必要があります。体重を減らすことばかりを気にし過ぎるのは危険で、痩せすぎは体に良くありません。

そこで今回は、しっかり目標を達成する為にも、各パーツの正しい測り方をご紹介しましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【美容】小顔になりたい人は要注意!今すぐやめるべき4つの生活習慣
 

スポンサーリンク

パーツ別!サイズの正しい測り方

 
サイズの測り方

1.バスト

胸のふくらみの一番高い所と低い所を測ります。トップを測る時は、90度おじぎをした状態で測るようにしましょう。アンダーバストは、胸のむくらみの終わる部分で水平にメジャーをフィットさせて周囲を測ります。

2.ウエスト

正しいウエスト位置は、肘を軽く曲げたあたりです。立った状態で息を吐き、おへその高さにメジャーを水平に巻いて測ります。ズボンやスカートなどのウエスト位置ではなく、おへその高さで測りましょう

3.ヒップ

まっすぐに立っておしりの一番膨らんでいる所を測ります。股関節にかからないように注意して下さい

4.二の腕

二の腕の付け根まわりを水平に測ります。二の腕は、下ろした状態で測るのが理想ですが、腕を軽く上げた時に数値が大きく変わってしまう場合は、数値の大きい方を目安にしましょう

5.太もも・ふくらはぎ

立って測る時は膝を曲げずに、ふくらはぎの一番高い部分、太ももの付け根の一番太い部分をお辞儀した状態でメジャーを水平にして測ります。

ななめになっていると実際のサイズより太い値になってしまいますので、ゆる過ぎず、メジャーと体の隙間が無いぐらいの強さで測りましょう。
 
関連:【洗顔やパックにも】ベビーパウダーで毛穴汚れやニキビが治る?驚きの4つの効果
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

健康的に痩せる為には、自分の体型を知ることが大切です。体重や決まった箇所のサイズを測り続けることで、食生活や生活習慣の改善に生かせますよ。知識を身につけてじっくりダイエットすることが成功させる秘訣です。ぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは!
 
関連:【美脚の作り方】たったこれだけ?下半身痩せには足首回しダイエットがオススメ!
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ