髪の毛 
今回のテーマは“ストレート髪の作り方”について。

ストレートでサラサラの髪の毛って誰もが憧れますよね。うねりのない髪は光の反射が綺麗でツヤツヤに見えますし、それだけで若々しい印象にもなります。

子供のころはサラサラだった髪の毛が、大人になるにつれてだんだんうねってきたり髪質が変わってしまった方も多いはず。そこで今回は、うねりのない髪の毛の作り方と、うねってしまう原因をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【節約にも】自分で出来る!髪の毛がサラサラになるシャンプーの方法
 

スポンサーリンク

ストレートで綺麗な髪を作ろう

 
直毛

うねりの種類

髪の毛のうねりには、先天性のものと後天性のものがあり、先天性であればそれは遺伝ですが、一般的に日本人の92%が直毛だと言われています。悩んでいたくせ毛の原因は遺伝ではなく、実は後天的なものである可能性が高いかもしれません

うねりの原因とは

頭皮は成長するごとに伸びていくので、子供の頃と大人になってからで髪のタイプが変わっていくのは自然のことです。しかし、成長しきってからの髪の変化は、頭皮の衰えによって起こります。

頭皮も肌と同じで、乾燥したりコラーゲンが減少したりすれば、固くなりシワができやすくなってしまいます。頭皮が固くなってしまうと、毛穴がゆがみ、歪んだ毛穴からはクセのある髪の毛が生えてきてしまうのです

毛穴のゆがみを軽減しよう

頭皮の毛穴がゆがむのを防ぐには、お肌と同じで頭皮のエイジングケアが大切です。髪の毛と頭皮を綺麗に洗った後には、しっかりと保湿・マッサージを行いましょう。

頭皮マッサージは最低1日1回、指の腹を使って少し強めの力で行います。耳を人差し指と中指ではさんで、上下に動かすと頭皮全体に伝わって、固くなった頭皮も柔らかくなりスッキリします。頭皮を柔らかく健康に保つことで、曲がった毛包がまっすぐに戻り、クセが弱まります。

毛穴の詰まりを取ろう

シャンプーやトリートメントに含まれる添加物や皮脂、汚れが毛穴に詰まってしまうと髪にウネリが出ることがあります。地肌に汚れや皮脂がたまった状態では、いくら髪をまっすぐにしようと思っても歪みはなかなか取れず、まっすぐな髪が生えてくることができなくなってしまいます

そこで、シャンプーをする前に髪についた埃や脂をお湯で出来るだけ落とします。そうすることで、次のシャンプーで脂や汚れをしっかり落とすことができます。その後は、たっぷりのお湯でじっくり丁寧にすすぎましょう。
 
関連:なかなか乾きにくい髪を早く乾かす方法!電気代の節約にも◎
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

髪のうねりの原因は遺伝ではなく、頭皮が固くなってしまった毛穴の歪みが原因である可能性があります。固くなった頭皮を柔らかくする為に1日1回はマッサージを行い、毎日のシャンプーをしっかりすすいでケアを行いましょう

それでは!
 
関連:乾燥肌はもちろん!肌荒れニキビ美白にも効くメディカルクリームGが凄い
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ