お気に入りの服 
今回のテーマは“洋服のメンテナンス方法”について。

気に入った服は出来れば長く着続けたいもの、しかし、どうしても同じ服を着続けているとほつれてしまったり、くたびれてしまったり、ボタンが外れてしまったりしてしまい、気づけばタンスの肥やしになってしまう…という経験をした方も少なくないでしょう。

それでも服はできる限りキレイに保ち、かつ長く着続けたいというもの。今回はそんな、お気に入りの服たちをセルフメンテナンスする方法を紹介していきます。

これを読めばタンスの奥に眠ってしまったあの服も、また着られるようになるかもしれませんよ。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【Tシャツ】できるだけ長く着たい!首回りがヨレない洗い方と干し方!元に戻す方法はある?
 

スポンサーリンク

お気に入りの服を長持ちさせる正しいお手入れ方法

シャツ

シャツの黄ばみには酸素系漂白剤と洗剤を

まずは最もベーシックなシャツのお手入れ方法を紹介していきます。シンプルだからこそ良いものを購入し、長く着続けたいものですよね。

シャツの「黄ばみ」の原因は、汗と一緒に分泌される「皮脂」で酸素系漂白剤と洗濯用洗剤を併用することで、汚れの元である皮脂汚れが落とすことができます。特に黄ばみが気になるという箇所には直接液体酸素系漂白剤を塗りこむようにしましょう。

干し方も大事で、軽くたたんでからハンガーにかけ干すようにしましょう。ビニール袋に入れたまま保管するのも汚れの原因となるため、すぐ外すようにしましょう。

Tシャツの伸びや毛羽立ちは摩擦が原因

Tシャツ
Tシャツのお手入れは、主に摩擦の原因を減らすことが大切です。伸びや毛羽立ちは摩擦が原因なので、裏返しにしネットに入れ洗濯するようにしましょう

干すときはそのまま干したりせず、二つ折りにしたりハンガーにかけたりするようにしましょう。ハンガーで干す場合は裾側からハンガーを入れると、伸びの原因を防ぐことができます。

保管の際は日光を避け、服同士をあまり密着させないようにすれば色落ちやシワを防ぐことができますよ。

デニムは洗濯も干す時も裏返して!

デニム
最後にデニムのお手入れですが、洗わない方がいいと思われがちですが、色落ちした部分が黄ばみ汚れていくため、長く着続けるためには洗うべきです。洗うことで色が変わってしまうとも聞きますが、色落ちし濃淡が分かれた姿も中々オツなものですよ。

デニムは水に濡れると硬くなる性質があるので、洗濯の際は裏返すようにしましょう。

色落ちが気になるという場合は中性洗剤を、黄ばみを落としたい場合は弱アルカリ洗剤と使い分けるとよいでしょう

干すときも裏返したまま、逆さに干すことで膝の出ぱった生地が伸びてくれます。Tシャツ同様、保管の際は日光を避けるようにしましょう。
 
関連:【セーターの洗濯方法】自宅で洗うにはどうすれば良い?プロに任せた方が良いニット類は?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

服はどうしても長い付き合いとなるため、着古してしまったりくたびれてしまったりしても、中々捨てられないと思ってしまうもの。こうしてキレイに保ち、お気に入りの服を着続けられたらこんなに嬉しいことはありませんね。

シャツの黄ばみは皮脂が原因、干す前に軽くたたみビニール袋は外す。Tシャツの伸びは摩擦が原因、日光を避け洗うときは裏返しにする。デニムは長く着続けたいというなら、裏返してから洗濯すると覚えておけばよいでしょう

今回は特に付き合いが長くなるであろう3つの服のお手入れ方法を紹介しましたが、あなたのお気に入りの服はあったでしょうか?このまとめがお役に立てれば幸いです。
 
関連:【洗濯方法】タイツを長持ちさせるには手洗いがオススメ!?破れにくい洗い方と干し方
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ