氷
 
どうもこんにちは、管理人のエッコです。

今回のテーマは“氷”について。

冷蔵庫の製氷機は自動で氷を作ってくれて便利ですよね。特に夏場は氷をたくさん使うので、作り忘れることがなくて助かった、という人も多いのではないでしょうか。

しかし、美味しい氷を作りたいと思って綺麗なミネラルウォーターや浄水で作ってみたら、

「ん?なんかくさい……?」

なぜか作りたての氷がちょっとにおう、臭い、という経験をしたことはありませんか?実は、この原因は意外にも製氷機に浄水を使っていることにありました。

今回は製氷機に浄水やミネラルウォーターがNGな理由と、美味しい氷の作り方についてご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 
関連:掃除に大活躍!使い終わったサランラップのオススメ活用法
 

スポンサーリンク

製氷機に浄水やミネラルウォーターがNGな理由

 
水道水
 
なぜ、製氷機に浄水やミネラルウォーターを使うと氷が臭くなるのか、その理由をご説明しましょう。

水道水には塩素が含まれているのはご存知でしょうか?

本来、この塩素の効果によって製氷機内の水が長もちし、雑菌が繁殖するのを防いでくれています。しかし、浄水器はその塩素を除いてしまいますので、製氷機の水の中で雑菌が繁殖し、それが臭いの原因となって現れるのです。

またこれと同様に、浄水器だけでなく煮沸した水やミネラルウォーターの利用も向いていません。

もし浄水を使い続けていると、製氷機の貯水タンクにヌメリやカビが発生します。そうなると貯水タンクだけでなくパイプにもカビが発生している可能性があるため、水の通り道の全てを洗浄しないことには完全に臭いをとることは難しくなってしまうのです。

こまめに掃除をする手間を考えると、水道水を素直に使ったほうが良さそうです。

また、ミネラルウォーターが製氷機に向かない理由はもう一つあり、ミネラルウォーターに含まれるミネラルがホースを詰まらせたりすることもあるようで、製氷機の故障にもつながります。

氷を作るには、普通の水道水をそのまま使うのが実は一番無難に作れるという事ですね。
 

美味しい氷を作る方法をご紹介

 
美味しい氷
 
では美味しい氷を作るには、どうすれば良いか、その方法をご紹介しましょう。

よくコンビニに売っているような氷は透明で、なかなか溶けないしツルツルしていて感触も良いですよね。それに比べて自宅で作る氷はざらざらしていて、しかもどこか濁っていたりします。

この氷が濁る原因は主に、急激な冷凍と、不純物の混入の2点です。これを解消してツルツルとした美味しい氷を作る為には、まずゆっくりと凍らせる事が必要です。

出来るならば冷凍庫の温度を-5℃〜-10℃に調節し、ゆっくり凍らせるようにしてください。そうする事で、凍っているうちに不純物が空気中に放出されて透明で純度の高い氷が出来上がります。

また、もし毎回しっかりと製氷機の容器を洗えるというのであれば、水道水でなく浄水を使うのも良いでしょう。やはりその方が不純物自体は少ないので、綺麗な氷は出来上がります。この時もゆっくりと凍らせるのは必須です。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

ここまでの内容をまとめますと、

・氷がくさい原因は製氷機に浄水を使うことによる雑菌の繁殖が原因
・普通に水道水を使って氷を作る方が無難に作る事ができる
美味しい氷を作りたい場合は、ゆっくりと凍らせる事が必須
・浄水で氷を作りたいという場合は、それぞれの容器や器具の洗浄をこまめに行なうのが必須

こんな感じでしたね。

今の季節は鍋物にお酒をロックでいただく、なんてのも美味しいですよね。

普段から氷をよく使うという方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

それでは!


関連:洗濯ネットの意外な使い道が便利すぎる!旅行・お風呂・野菜の保存に!
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ