Lightning Cable
※画像引用先

どうも、管理人のエッコです。

今回のテーマは“iphoneの充電ケーブルの断線を防ぐ方法”について。

念願のiPhoneを手にしたというのに時が経過するに連れて扱い方も雑になりがちです。その影響はiPhone本体のみならず、充電ケーブルにも影響を及ぼす場合もあります。

心当たりがある人はいませんか?充電ケーブルの根本が断線しかかってしまったこと。今回はこの断線をいかにして防止できるかをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【缶を凹ます?】コーンポタージュの具が出ない時に超使える“出す”方法
 

スポンサーリンク

充電コードの断線にはボールペンのバネがオススメ

 

ボールペンのバネ
※画像引用先

充電ケーブルの断線を防ぐ為には“あるアイテム”が必要となります。それは普段の生活の中に存在しているものなので、新たに購入する必要はありません。

そのアイテムとは「ボールペン」です。正確に言うとボールペンの中に含まれている“バネ”が必要になるのです。

もちろん新品のボールペンを分解する必要はないので、インクが少なくなったものや固まって使えないのを使えばオッケー

分解は簡単にできますので、まず芯を取り出してバネを外します。取り出したバネを充電ケーブルの根本に巻き付けていくのですが、まずバネの先端をケーブルに引っ掛けます

この時、バネの先端で指をケガしないようにしてくださいね。またバネの先端でケーブルを傷つけないように注意してください。

バネの先端を引っ掛けることができれば、後はバネをクルクルとケーブルに巻き付けていけばいいのです。

が……。
 

スポンサーリンク

爪楊枝を使うと簡単に出来る

 
やってみると意外と難しいんです。今回の作業で一番難しいのはこの作業と思っていただいて良いでしょう。

やり方は分かっていても手先が不器用で難しいという人には、爪楊枝などの細長い棒をつかってみてください。爪楊枝を使うと簡単にバネを充電ケーブルに引っ掛けることができます
 

爪楊枝
※画像引用先

まず爪楊枝の先端をバネに挟ませてバネに隙間を作ります。その隙間にケーブルを挟み込むのです。

バネがケーブルを噛むという形になったら、バネの先端の方へケーブルが引っ掛かるようにバネを回していきます。回すときに注意するのはケーブルからバネが外れないようにすることです。

先端に引っ掛けることができたら再びバネをクルクル回していき、ケーブルに巻き付けていきます。

これで完了です。
 

完成
※画像引用先

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

細かな作業が苦手な方にとってはちょっとだけ難しいかも知れませんが、どうしても出来ない場合は器用な人に頼みましょう(笑)

出来てしまえば、このデリケートな充電ケーブルの付け根の断線を心配しなくて良くなります。交換するとなればお値段もソコソコしますので、長く使いたいという方は是非試してくださいね^^

それでは!
 
関連:インスタントコーヒーをほんのひと手間で劇的に美味しくする方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ