壁の汚れ 
今回のテーマは“壁の汚れの落とし方”について。

「あれ、知らない間にこんなところが汚れてる……」

部屋を掃除しているといつの間にか壁が黒ずんでいたり、カビが生えていたりした事はないでしょうか?

いつの間にか付いてしまった汚れやカビって落ちにくいんですよね。しかもあまりゴシゴシし過ぎると逆に汚れが付いてしまったり、壁紙が破れちゃいそうで何だか気が引けちゃうという方も多いはず。

そこで今回は、壁についた汚れやカビを落とす方法をご紹介します。実はある意外なモノを使うことで結構簡単に落ちちゃうんです!お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【急な来客】散らかった部屋を短時間で片付けて綺麗に見せる掃除テクニック
 

スポンサーリンク

壁の汚れやカビの落とし方

消しゴム

漆喰の壁に付いた手垢は消しゴムでピカピカに!

まずは壁の汚れの落とし方から。

漆喰(しっくい)の壁についた手垢などの汚れには消しゴムが有効です。使い方は非常に簡単で、文字を消す時のように壁に付着した汚れをこするだけ。これだけで汚れがピカピカに汚れが落ちちゃいます。

ただ一つ注意点は、消しゴムの綺麗な部分を使うようにしてください。使用した後の汚れた部分でこすると、逆に壁に汚れがうつってしまう可能性があります。

あとは白い家具の汚れなんかにも消しゴムは使えますよ!

壁紙のカビ汚れは絆創膏で落ちる!

絆創膏
次は壁紙についたカビ汚れの落とし方

こちらは絆創膏を使用します。絆創膏の粘着部分を壁紙のカビ汚れにポンポンと軽く叩きながら取っていきます。実際にやってみて思いましたが結構あっさり取れちゃいます。この際のコツとしては、絆創膏を直接壁に貼り付けるのではなく、指先に粘着面を外側にして巻いて壁を押さえるやり方がやりやすいです。

カビ取り剤を使用する方法もありますが、素材ややり方によっては逆にシミがついたり色落ちすることも考えられるので、まずはこの絆創膏で試してみてください。壁紙を傷めずに出来るやり方ですのでオススメですよ!
 
関連:【液晶画面】ティッシュやアルコール類で拭くとNG!傷つけない正しい掃除方法がコレ
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を簡単にまとめておきましょう。

・壁に付いた汚れやカビは消しゴムと絆創膏を使うと簡単に撮れる
・漆喰の壁や家具は消しゴムで汚れ部分をゴシゴシこするだけ
・壁紙についてしまったカビは絆創膏の粘着面で押さえることで取れる
・壁を傷めずにできる方法なのでオススメ

こんな感じでしたね。

掃除の際にカビや汚れを見つけてしまって「あぁ、どうしよう……」と悩まれていた方、この方法を使うと意外にも簡単に取れてしまいますよ。ぜひ試してみてくださいね!

それでは!
 
関連:掃除に大活躍!使い終わったサランラップのオススメ活用法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ