足の臭い 
今回のテーマは“足の臭い”について。

足が臭いととても不快な気持ちになりますよね。暑い日や、冬に密着するブーツを履いて蒸れてしまうと、靴を脱いだときの臭いがどうしても気になります。

しかし、足が臭くなるのはただ暑いからや蒸れが原因だけではないのです。実は、普段の行動が足の臭いの原因となってしまっています。そこで今回は、足の臭いの元となる3つの原因をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【ブーツがくさい】脱いだ時に対策しておきたい臭いを取る3つの方法
 

スポンサーリンク

足が臭くなるのを予防しよう

 
臭いの原因

原因はこれ!毎日洗っているのに足が臭くなる3つの習慣とは

1.足の裏の角質ケアが不十分
足の臭いには、足裏の角質(特にかかと)がとても関係しています。あなたのかかとの角質は白く硬くなっていませんか?古い角質は、雑菌のエサになります。日中、空気の流れの悪い靴の中の環境と、汗でふやけて丁度食べごろになった角質は最近の繁殖に最適なのです。

この最近が汗と一緒に流れ落ちた角質を分解し、嫌な臭いを発生しているのです。角質ケアを行い、“ツルツルスベスベのかかと”にしましょう。
 


2.靴が足に合っていない
少しサイズの小さな靴でも無理に履いていませんか?靴のサイズが小さいと足が圧迫されてしまいます。そうすると通気性が悪くなり、さらに足の裏の汗が増えやすくなります。

臭わない足を作るには、歩きやすく足にフィットして、通気性の良い靴を選びましょう。
 
3.肉中心の食生活
お肉やバターなどの動物性タンパク質を多く含む食事ばかりしていると、皮脂の分泌を促し代謝機能を高めるので汗をかきやすくなります。ポイントは、動物性タンパク質を控えて、抗酸化作用のある食材のそば、ナス、オレンジやしそなどを摂ること体臭予防効果が得られます。
 
関連:【脱臭剤に?】真っ黒に焦げたパンが意外な事に使える!オススメ使い道3選
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

足の臭いは、角質、靴のサイズや普段の食生活も原因となります。当てはまるものはありませんか?臭いが気になるという方はできるところから改善していきましょう

それでは!
 
関連:【意外】マッチに消臭効果?トイレ後の臭いを一瞬で消す方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ