白シャツ 
今回のテーマは“白シャツの黄ばみ”について。

白シャツって皆さん1枚は持っているアイテムですよね。でも気づいたら襟や脇、袖口のところが黄ばんで汚くなっていることってありませんか

そんな黄ばみは普通に洗濯してもなかなか綺麗になりません。皆さんは白シャツを着るときや、洗濯するときにどんな工夫をしていますか?

今回は、清潔感のある白シャツの黄ばみをケアし、綺麗に落とす方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【炭酸水でシミが取れる?】服についたソースやコーヒーの汚れを簡単に落とす方法
 

スポンサーリンク

白シャツの黄ばみを予防しよう

 
汚れの落とし方

どうして白シャツは汚れるの?

黄ばみは、皮脂が付着することによっておきます。時間が経つと茶色く変色してしまい、その上に埃がつくと黒くなり洗濯しても落ちにくくなってしまいます。

繊維の奥にしみ込んだ皮脂汚れが落ち切らず、長期間しまっている間に汚れが酸化して変色してしまうのです

白シャツの汚れをケアする4つの方法

1.洗濯用のりを襟元に塗ろう
洗濯用のりを襟元や汚れやすい部分に塗りコーティングしましょう。のりが壁になってくれるので、皮脂が直接触れず汚れるのを防いでくれます

2.洗剤と酸素系漂白剤で汚れを落とす
歯ブラシに洗剤をつけ、水で流しながら叩くように汚れをこすります。その後、ぬるま湯に溶かした漂白剤に30分ぐらい浸してから洗濯機で洗いましょう。

3.洗剤と重曹・酸素系漂白剤で汚れを落とす
黄ばんだところにクレンジングオイルを塗り、優しく揉むように汚れをぬるま湯で落とします。そのあと、重曹大さじ2杯と酸素系漂白剤大さじ2杯を500mlの70℃ぐらいのお湯に溶かして、それを塗りこみます。あとは洗濯機で洗うだけです。

4.日陰に干す
シャツやブラウスに使われている素材は、濡れたまま日光に当たると黄色く変色したり、傷んでしまうものが多くあります。両手で叩いて軽くシワを伸ばしてから陰干ししましょう。
 
関連:【お試しあれ】洗濯後のタオルがごわつく理由と劇的にふわふわにする方法
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

黄ばみは衣類に残ってしまった皮脂が原因です。洗濯のりを使用して、皮脂がつかないようにし、汚れてしまったら漂白剤や重曹を使ってしっかり汚れを落とすと白シャツを綺麗に長く使うことができますよ

それでは!
 
関連:服や髪に染みついたタバコの臭いを消臭剤を使わずに消す方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ