名刺 
今回のテーマは“顔と名前を覚えるコツ”について。

皆さんは、1度会った事がある人の顔や名前をすぐに覚えられますか?顔は見たことがあるけど、名前が出てこない・・・って経験ありますよね。

会話しててもぼんやりとしか思い出せず、名前が一致しないと何だか気まずい空気になってしまうなんて事も。そうならない為に、今回は人の顔と名前を同時に覚えられる記憶術のコツをご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:満腹でも食欲が止まらない!無性にアレが食べたくなる原因は栄養不足?
 

スポンサーリンク

1度で相手を覚えられる!5つの記憶術テクニック

 
顔の特徴

1.名前を注意して聞く

まずは、相手の名前を初めて聞くときにフルネールや漢字をよく見聞きしましょう。よく聞き取れなかったとしても、相手に名前を繰り返してもらえば問題ありません。名前を繰り返してくれと言われて不機嫌になる人は少ないので安心して下さいね

2.名前を何度も呼ぶ

言えば言うほど覚えていきますので、無理やりにでも会話の中で使うようにしましょう。名前を覚えてもらえるというのは、誰でも嬉しいものですので、名前を呼ぶこと、呼ばれることでお互いの親しみもわき、関係性が良くなります

3.相手の名前に関する話をする

読み方が難しい名前や珍しい名前の人に、「珍しい名前ですね」や「なんとお読みですか」など質問することで、記憶に残りやすくなります。

4.見た目の特徴を見つける

自分が一番気になるその人の顔の特徴を見つけましょう。また、過去に同じ名前の知り合いや似た名前の芸能人がいたら、リンクして覚えると良いですよ

5.見つけた特徴をメモする

貰った名刺の裏に、その人の似顔絵や会話の名前を書いたりなど、何でも良いので特徴を書きましょう。後でそのメモを確認することで覚えやすくなります。
 
関連:【薄毛予防】抜け毛やフケを防ぐ正しいシャンプーのやり方しってる?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

名前や顔を覚えやすくするには、聞いた名前をしっかり何度も繰り返し言う事や、その人の名前や顔の特徴を見つけることで、覚えやすくなりますよ。名刺を貰った場合は、裏に特徴を書いておくと後から見た時にパッと思い出す事が出来ますので、ぜひ試してみて下さいね。

それでは!
 
関連:【簡単】花粉症による鼻づまりをペットボトルで解消する方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ