子供 
今回のテーマは“移動中の子供のぐずり対策”について。

子供連れの旅行での移動って大変ですよね。電車なんかでくずり出してしまうと周りの視線が気になりますし、車ではお父さんがイライラしてしまってせっかくの旅行でもったいない思いをしたことはありませんか?

そんな時は、あらかじめ子供がぐずらないように対策をしておく事が大事になります。そこで今回は、移動中子供のくずり対策をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【記憶術】もう忘れない!1回会うだけで人の顔と名前を同時に覚える5つのコツ
 

スポンサーリンク


 

子供が泣くのって何が原因なの?

 
お気に入りのおもちゃ 
例えば、子供が初めての車酔いなどをしてしまった時、今までそんな経験をした事がないので言葉でうまく表現出来ずに泣くということがあります。ちゃんとした言葉にできないので、泣いて訴えているのです。

子供は、知的で心身ともに感受性が高く、想像力が豊かなので深いに対して激しく反応するのです

子供がぐずりそうだな、ぐずってしまったという時は、今から紹介する4つの方法を試してみてください。

ぐずった子供をあやす4つの対策

1.親子で簡単にできるゲームをする

車なら、しりとりゲームなどの言葉遊びや歌を歌ったり、なぞなぞクイズをして退屈しないようにすると良いですよ。親子の絆を深める時間に変身させましょう

他にも、袋にいろんな種類のお菓子を混ぜ入れて、目隠しした状態で子供に食べさせて何のお菓子か当てさせるゲームなんて子供は喜びますね。

2.映像を見せたり、音楽を聴かせる

iPodで音楽や、好きなDVDを見せると喜んで乗ってくれます。子供は、音楽がなくても映像で楽しむことが出来ますので、音量が気になる場所でも映像を見せるだけでも大丈夫です

3.事前に疲れさせる

電車に乗る前にはなるべく歩かせて疲れさせて、行きも帰りもぐっすり眠ってくれるよう調節するのもオススメです。通路をとにかく何度も行ったり来たりして、運動させたりすると良いでしょう。

4.絵本、おもちゃなどで遊ばせる

お気に入りの絵本や音が出ないおもちゃ、おやつを用意しましょう。お気に入りのおもちゃが手元にあることで、子供は安心感を得ることが出来ますので忘れずに持って行ってあげましょう。

また、一度も見せたことがないおもちゃや、興味を持っている分野の新しい絵本を持っていくと、くずった時の奥の手として使えますよ
 
関連:【間接キス注意】歯周病やヘルペスも?虫歯菌以外に赤ちゃんに感染する3つの病気
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供が泣いてしまった時は、何か不快なことがあるかもしれませんね。また、乗り物でくずぐずしない為には事前に運動させて疲れさせるのが効果的です。起きている時は、親子で遊べるしりとりやおもちゃなどで一緒に楽しい時間を過ごすようにしてみて下さいね。

それでは!
 
関連:【子育てのコツ】しつけは大事!指示待ち人間にならない子供の育て方とは?
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ