食欲

 
今回のテーマは“食欲”について。

無性にあれが食べたい!と、1つの食品が欲しくなることってありますよね。しかも、それを食べても食べても満足せずさらに欲しくなってしまうことも。

その食欲はただの食欲ではなく、あなたの体にある栄養素が足りていないというサインなのです。今回は、その食品がどのようなサインなのかをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:花粉症時期に使える!“カトちゃんぺ”でくしゃみを止める方法?
 

スポンサーリンク

変な食欲の正体は?体が欲している栄養素とは

 

必要な栄養素

チョコレートが食べたい

空腹のときや疲れているときにチョコレートなどの甘いものが欲しくなることはよくありますが、これは当分やカフェインなどで血糖値を上げたいと感じているからなのです。

しかし、リラックスした状態でもチョコレートに手が伸びるのは、マグネシウム不足と考えられます。昆布やアーモンドなどのナッツ類、ゴマや豆などを食事に加えてあげましょう

しょっぱいものが食べたい

しょっぱいものが欲しいときは、塩分が不足しているのではなく、塩に含まれるミネラル不足が原因かもしれません。ミネラル不足は免疫力を低下させるため、病気にかかりやすい状態です。

体から水分とミネラルが奪われた状態で、味が濃いものばかり食べるとさらに脱水症状になってしまいますので、ミネラルを補うためには野菜や海藻を食べると良いですよ

炭水化物や甘いものが食べたい

甘いものや炭水化物が食べたいときは、タンパク質・脂質が足りていない可能性があります。炭水化物とは、糖質と食物繊維の総称です。これらを常に欲するタイプの人は、ほとんどがタンパク質と脂質の消化がうまくできていないのです。

そこで、脂質やタンパク質の摂取、消化、吸収を改善することで甘いものや炭水化物を欲さなくなっていくのです。
 
関連:【効果がすごい】楽に痩せたい人には豆乳バナナダイエットがオススメ!
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

変な食欲を抑えるには栄養バランスのとれた食生活が大切です。朝昼晩と三食しっかり栄養バランスのとれた食事をすることが、体を一番良い状態にキープできる秘訣です

それでは!
 
関連:【美脚の作り方】たったこれだけ?下半身痩せには足首回しダイエットがオススメ!
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ