桃 
今回のテーマは“桃の保存方法”について。

梅雨明けから旬を迎えるってみずみずしくて美味しいですよね。でも、甘くて美味しい桃って一度痛み始めると凄いスピードで傷んでしまって、気づいた時には食べるのを諦めてしまう状態になっていることってありませんか?桃の保存って難しいなと思っている方も多いはずです。

桃は、完熟の状態になるのが早く、気づくと変色してブヨブヨの状態になって味も落ちてしまいます。そこで今回は、せっかくの美味しい桃を台無しにしない為に、アルミホイルを使って桃の長期保存が出来る方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【冷凍保存でより美味しく】一人暮らしは食パンが余る、そんな時のオススメ節約術
 

スポンサーリンク

桃はアルミホイルで保存しよう

 
保存方法

アルミホイルで保存するメリット

アルミホイルを使用する事で、桃をまるごと長期保存できるのです。また、冷凍する時も、ラップの上からアルミホイルで包むと冷凍焼けせず、臭いも移らないのでとても便利です

アルミホイルには気体や液体、光などを透過させないバリア特性があり、品質の保持に威力を発揮するのです。

保存する時のポイント

桃を1つずつふわっと包むのではなく、空気が入らないようにピチピチにしっかりと包むようにします。また、桃に水分が付いていると傷む原因となりますので、表面をしっかり拭いてアルミホイルに水分が付かないよう気を付けましょう。

保存する場所は、室温で保存した方が甘みが保てるので、食べる直前に冷蔵庫で冷やすと美味しく食べられて良いですよ

保存期間

アルミホイルでしっかり包むだけで、すぐ傷んでしまう桃が1ヶ月程度は美味しく食べられます。この期間はおおよその目安ですので、桃が手に入ったら出来るだけ早めに食べる事をオススメします
 
関連:【節約体験談】一人暮らしの女性にありがちな食材の余り、色んな保存法教えます
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

傷みやすい桃を長期保存するには、桃の表面についた水分をしっかり拭き取ってから、空気が入らないようぴっちりとアルミホイルで包む事で約1ヶ月もの保存ができますよ。常温で保存すると甘さを保つことが出来ますのでぜひ試してみて下さいね。

それでは!
 
関連:【コシがヤバい】市販の麺を劇的に美味しくする方法!種類別おすすめの食べ方
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ