指 
今回のテーマは“爪のマッサージ効果”について。

手や指のマッサージはしたことがある方が多いと思いますが、爪のマッサージはご存知ですか?意外と知られていないのですが、実は指先にはさまざまな神経が集中しているので、爪揉みをすると嬉しい効果がたくさん得られるのです

また、爪揉みのマッサージは手軽でいつでもすぐ始められるのでとってもおすすめなのです。

そこで今回は、爪揉みの効果とそのやり方をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【美脚の作り方】たったこれだけ?下半身痩せには足首回しダイエットがオススメ!
 

スポンサーリンク

嬉しい効果がたくさんの爪揉みとは?

足にも効果的

爪揉みをするとどんな効果があるの?

爪の部分にも実はツボがあります。このツボを押すことによって、自律神経の乱れを整えて安定させることができ、新陳代謝を促すようになります。

自律神経が整うとリラックス効果が得られるとともに免疫力のアップも期待できる為、体におこる様々な不定愁訴の改善が期待できます

この爪揉みは最も手軽にできるエクササイズといっても過言ではないでしょう。

指によって違う?指別の爪もみ効果

【親指】
親指は、肺や喉、鼻などの呼吸器。アトピー性皮膚炎や咳、ぜんそくなどに効果が期待できます。

【人差し指】
人差し指は、消化器官に効果的だとされていて、胃腸がすぐれない時に揉むのがオススメです。

【中指】
中指は、耳鳴りや難聴。「耳が何かおかしい・・」という時は中指を集中的に揉んでみましょう。

【小指】
小指は、主に循環器系。肥満や肩こり、うつ状態やパーキンソン病、ヘルニアや尿漏れなどにも効果的です。

薬指だけは、揉まないようにしましょう。薬指への刺激はストレス時と同じ交感神経を高める作用があるとされているので、刺激しないようにして下さい。

爪揉みの方法とは?

指の爪の生え際の両脇を親指と人差し指で挟みこむようにして、中指・人差し指・小指・親指の4本を順番に揉みます。

少し痛いと感じるかも知れませんが、強すぎず程よく気持ち良いと感じる程度の力で、1指10秒~20秒ほど揉むようにましょう

下半身の症状には足の爪揉みが効果的

下半身の症状が気になるという場合は、手の指に加えて足の指も揉むと良いでしょう。

下半身は老廃物が溜まりやすいので、足の爪揉みをして血行を良くしましょう。やり方は基本的には、手の爪揉みと同じですよ。
 
関連:耳たぶ回しで美容?リンパ改善で小顔やリフトアップ効果!やり方は?
 

スポンサーリンク

まとめ

“爪揉み健康法”いかがでしたでしょうか?

爪揉みは、道具もいらないし時間もかからないので仕事や家事の合間の休憩時間にささっとできます。効果を感じるかどうかは個人差はあると思いますが、続ける事で実感できることもあると思うので、ぜひ試してはいかがでしょうか?

それでは!
 
関連:青アザが出来てしまったらつまようじで治る?応急処置と早く治す方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ