床の凹み 
今回のテーマは“凹んだ床の直し方”について。

フローリングに物を落としたり、重さのある家具を長い時間置いていたりすると、床が凹んでしまうことってありますよね。目立つところが凹んでしまうとかなりショックです。また、模様替えしようとしていざ動かしてみるとポッコリ凹んだ跡が付いてしまっていたらなんだか不細工ですよね

諦めていた方は必見です。凹んでしまったフローリングの床も簡単に直す方法があったのです。今回は、アイロンや布と水を使ってあっという間に凹んだ床を元通りにする方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【超新鮮】これは使える!クタクタにしなびたレタスをシャキシャキに戻す方法
 

スポンサーリンク

アイロンを使って凹んだ床も元通りに!

 
凹みの直し方

凹み直しに準備する物とは

アイロン・水・ペーパータオルまたは古いTシャツなどの布を準備しましょう。また、床についている埃や砂は水分を含むと、フローリングにこびりついて取り除くのが難しくなるので、先に取り除いてくださいね

床の凹みの直し方

【直し方の手順】

1.アイロンは高温に設定し、温まった状態にする

2.持ち運びの際に、水がしたたり落ちない程度にゆるくしぼった布を傷の上に置いて数分放置する

3.布を当てながら、アイロンを5秒~10秒押し付けて離すを2、3回行う

これで凹んだフローリングの床が直りますよ。アイロンを当てるとき、当てすぎたり布からはみ出してアイロンを当てると焦げの原因になるので注意しましょう
 

どうしてアイロンで凹みが直るの?

乾燥している木は本来、水分を含むと膨張する力を持っています。つぶれてしまった木の繊維は水分を含むと元の形に戻ろうとする力を利用して凹んだ傷を修復しています
 
関連:【復活】ボールペンのインクは残っているのに出ない!そんな時の解決法はコレ
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

凹んでしまったフローリングの床は、アイロンと濡らした布を使って直しましょう。凹んでしまっていた床も諦めないでくださいね。とても簡単な方法なのでぜひ試してみてください!

それでは!
 
関連:【裏技】諦めないで!固まってドロドロのマニキュアが簡単に復活する方法とは!?
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ