納豆 
今回のテーマは“納豆のオススメの食べ方”について。

日本の食卓には欠かせない納豆、古くから日本人に愛されてきた納豆は健康にとても良いのはご存知の通り。しかし、その納豆も食べ方によって美容や健康効果が変わってくるのはご存知でしょうか?どうせなら、より効果が期待できる食べ方で食べたいですよね。

そこで今回は、より効果の期待できる納豆の食べ方をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:紅茶でトキメキ度がアップ?飲むことで得られる4つの効果が凄い!
 

スポンサーリンク

納豆の健康効果の秘密はナットウキナーゼ

納豆の美容効果
そもそも納豆はなぜ健康によい食品だと言われているのでしょうか。

その秘密は、納豆にのみ含まれているナットウキナーゼという成分にあります。ナットウキナーゼは、血液をサラサラにしてくれる効果があります。薬代にすると月に約2万円分相当の効果を納豆を食べるだけで補えるのです。これはとても嬉しいですよね。

他にも納豆には、血栓を予防して心筋梗塞のリスクを下げてくれる成分や、意外ですがカルシウムも含まれているので乳製品が苦手という人にもオススメです。

カルシウムだけではなく、骨を丈夫にするビタミンKも同時に取れるので、骨を強くしながらカルシウムを取ることができます。牛乳にはビタミンKはそれほど多く入っていないので、骨を丈夫にするためにカルシウムを取るのなら納豆の方が効率が良いといえるでしょう

納豆の美容にも高い効果を発揮

健康効果があることは、最近テレビで取り上げられて話題ですが、健康増進効果以外にも実は美容効果もあります。

納豆に含まれているビタミンEとビタミンB2には、皮膚を保護してくれる作用と美肌効果があります。これは女性にはとても嬉しい作用ですよね。

また、納豆は大豆を発酵させて作る食品なので、大豆や豆腐などの豆製品に比べてたくさんの酵素が含まれています。

酵素を取るには野菜を発酵させて作る酵素ドリンクや、野菜や果物をミキサーにかけて作るスムージーが人気ですがどれも手作りは手間が掛かりますし、市販のものは値段が高いのが悩みです。しかし納豆にも酵素が含まれているということは、3パック100円前後という低価格でダイエットもできるのですから、納豆はとても万能な食品なのです。

納豆は夜に食べるとより効果アップ!

納豆の健康効果
納豆を食べるのならば、朝食時に味噌汁などの和食とともに食べるというのが定番です。しかし最近では、納豆は朝に食べるよりも夜に食べると良いことがわかってきました。

その理由は、納豆に含まれている成分に秘密があります。納豆にはナットウキナーゼという成分が含まれていますが、この成分は血栓を予防する効果があります。血栓は朝よりの夜寝ている間に出来やすいので、夜に取るのが効率的と言われています

また、安眠効果や成長ホルモンを促す作用があるので納豆の成分を十分に生かすには朝よりも夜に納豆を食べた方が効果的です。

食べ合わせで健康効果アップ!オススメは?

納豆の食べ合わせ
納豆の効果について説明してきましたが、さらに効果を高めてくれる食べ合わせを紹介します。納豆は発酵食品なので、同じ発酵食品であるキムチとの相性が抜群です。

他にも色々あるので、効能別に紹介します。

お腹の調子を整えたい時には、納豆キムチか納豆にオクラを加えると効果的で、疲労回復を期待したい時は、納豆に梅干し・ネギ・ショウガのうちのどれかを加えましょう。

美肌を作るには納豆にアボカドかマグロを入れるのがオススメで、白髪が気になる時は、納豆に黒ごまとオリーブオイルを入れると効果を発揮します。

納豆はそのまま食べても効果的ですが、この様に色々と組み合わせると効果がさらにアップします。一度で一気に効果を得たいなんて贅沢な人にはすべてを加えた「納豆海鮮丼」を作ってみるのも良いかもしれませんね。
 
関連:【意外】トマトやリンゴにも毒が含まれる?食べ過ぎると危険な7つの食べ物
 

スポンサーリンク

まとめ

納豆の効果的な食べ方、いかがでしたでしょうか?

「普通に食べてたな〜」という方も多いかと思いますが、そういう方にこそ、ぜひ今回ご紹介した方法を試していただきたいですね。ただでさえスゴい健康効果が期待できるのに、より効果が上がるのであれば、試さない手はないでしょう

食べ合わせも色々とあるので、ぜひご自身に合った食べ方を探してみてくださいね!
 
関連:【栄養抜群】そば湯は残すと勿体ない!その驚くべき健康効果と美味しい飲み方
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ