揚げ油 
今回のテーマは“揚げ油の保存方法”について。

揚げ物をした後の油ってたくさん残ってしまってもったいないですよね。皆さんはどのように揚げ油を保存していますか?油を濾した後、そのまま全部を保存している方も多いはずです。また、保存する場所なども特に気にしていないのではないでしょうか。

でも、実は油はとてもデリケート!そこで今回は正しい保存方法で揚げ油を長持ちさせる方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:お家で美味しいご飯を食べるなら覚えておきたい!お米の正しい保存方法がこちら
 

スポンサーリンク

余った揚げ油はきちんと保存しよう

 
油の保管法

揚げ物が終わった後は別容器へ保存しよう

揚げ物などで油を使用した後は、ガーゼやろ紙で揚げカスを取り除いてから、栓のできるビンなどに入れ替えましょう。あまり冷めすぎるとねがりが出て濾しにくくなってしまいますので、熱々の状態からほどほどの熱さになったら濾しましょう

また濾した後は、全部を保存するのではなく上澄みだけを取って保存するようにすると、油が長持ちします。

油を入れた容器は冷暗所に保存しよう

油は酸化するとどんどん傷んでしまうので、空気に触れさせないように密閉できる容器に入れ替えたあとは、光や高温を避ける場所に保存すると酸化しにくくなります。そこで、シンク下や棚などの涼しくて暗い場所に入れておくのがオススメです。

揚げ油は何回まで使用できる?

揚げ油の種類や温度、時間などに異なりますが、だいたい3~4回ぐらいが目安となります。回数を重ねるごとに、油が汚れてきますので、油が汚れたら捨てるようにしましょう。

低温で煙が出たり、消えにくいカニ泡のような細かい泡が目立つときや、黒くなったり匂いが良くないときははすぐに交換して下さいね
 
関連:【食費の節約術】一人暮らしは自炊がマスト!食材を安く買える場所をチェック
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

揚げ油は濾したあと、上澄み部分だけを栓の出来る容器に入れ替え、涼しくて暗い場所に保存するようにすると長持ちできますよ。だいたい3~4回の使用を目安に、揚げた後の仕上がりが違ったり、黒くなった油は交換するようにしましょう

それでは!
 
関連:【節約体験談】一人暮らしの女性にありがちな食材の余り、色んな保存法教えます
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ