米研ぎ汁
※画像引用先

どうも、エッコです。

日本人であれば、基本的に毎日お米を食べますよね。無洗米以外のお米を炊くときは米を研ぎますが、その際に出るお米のとぎ汁、みなさんはどうしていますか

多くの方は、きっとそのまま捨てているのではないでしょうか。しかし、実は意外なことに、このお米のとぎ汁は生活の様々なコトに使えるのです

今回はお米のとぎ汁の意外な3つの活用法をご紹介します。普段、すぐに捨てちゃっていたという方はぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:インスタントコーヒーをほんのひと手間で劇的に美味しくする方法
 

スポンサーリンク

お米のとぎ汁の意外な使い道3選!

 
植物
 
お米のとぎ汁には様々な成分が含まれています。脂質にでんぷん質、ビタミンB1やB2など、そのまま捨てるにはもったいない、これらは実に惜しい成分なのです

まずはそのとぎ汁を、大きめのバケツやタライなど、その他の容器に入れ、活用する時のために溜めておきましょう。そうして溜めておいたお米のとぎ汁を、実際に活用してみましょう!
 

1、お米のとぎ汁の意外な使い道3選!

 
まずは美容です。とぎ汁の中に含まれる成分は、洗顔や化粧水、入浴剤として使えるほど有用です。

ミネラルや脂質・でんぷん質などの栄養価の高い成分が含まれるこのとぎ汁を使うと、古い角質を除去してくれ、お肌の新陳代謝を促進する「ピーリング剤」として機能し、肌に対する栄養補給効果もあります

さらには化粧品でよく言われる美白・保湿効果も十分にあります。約1.5倍の量の水で薄めたとぎ汁を使って洗顔すれば、お肌に潤いがもたらされ、石けんで洗った時のように綺麗になります

化粧水としても優秀で、米ぬかに含まれる少しの油っぽい成分がお肌をしっとり保ち、入浴剤としては保湿効果に加え保温効果もあり、乾燥肌の方や冷え性や腰痛の方にも、良い影響を体にもたらしてくれることでしょう。
 

2、お米のとぎ汁の意外な使い道3選!

 
次は植物の水やりにも使えるという点についてです。

これはとぎ汁の中に含まれる炭水化物・脂質やビタミンなどが、植物にとって栄養剤としての効果をもたらしてくれるからです。

肥料代わりにもなりますので、土壌を豊かにするのにも役立ちます。ただ、その際に気を付けないといけないことは、あまりにもとぎ汁を与え過ぎてしまうと、害虫・カビなどの発生原因となりますので、注意しなければならないということです。
 

3、お米のとぎ汁の意外な使い道3選!

 
最後はお皿などの食器の洗い物にも洗剤代わりとして使えます

とぎ汁を溜めた桶に食器を浸けておくと、いざ洗浄する時に汚れが落ちやすくなります(頑固な汚れでなければ洗剤不要!)。

また、漬物などの臭いが染み付いた密封式の容器を30分間とぎ汁に浸し、その後で洗剤を使って洗えば、臭いもすっきり除去できます。

実際にお米を洗って、洗い物もしているという主婦の方にとってはまさにありがたい存在ですよね。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

お米のとぎ汁って白くて濁っているので、それこそ少し汚れているようなイメージがありましたが、まさかこんなコトに使えるとはビックリですよね。

洗い物なんかにも使えてエコ的にも素晴らしいですね。

ぜひ試してみてくださいね!^^
 
関連:青アザが出来てしまったらつまようじで治る?応急処置と早く治す方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ