おにぎり 
今回のテーマは“美味しいおにぎりの包み方”について。

手軽に作れて持ち運べるおにぎり。遠足や運動会といった子どもの行事や、手作りランチのお供には欠かせない定番メニューですよね。

衛生的で手軽だからと、おにぎりをラップで包んでいる方も多いと思います。だけど、ちょっと待ってください!

ラップで包むと、せっかくのおにぎりをふっくら握ったのに、食べる頃には蒸れてベチャっとしていることありませんか?なんだか握りたての味と違うなと感じたことはありませんか?

実は、衛生的だというラップの良さは残しつつ、握りたてのおにぎりの美味しさをキープする方法があるんです。今回はその方法をご紹介しましょう!

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【料理の失敗】焦げたり塩辛くなったりしても大丈夫!美味しく食べられる挽回方法がこちら
 

スポンサーリンク

サランラップよりもアルミホイルがオススメ

サランラップ
その方法は、とても簡単。それは、ラップではなくアルミホイルでおにぎりを包んで保管すること。

アルミホイルで包むことによって、適度に水分がアルミホイルの隙間から抜けて、水分がこもらなくなるんです。そのため、時間がたってもおにぎりが蒸れることなく、ふっくらと美味しいまま口にすることができます

さらに、ラップで包んでから握ることは、たしかに素手でおにぎりを握るよりも衛生的といえますが、そのまま長時間水分のこもったラップの中におにぎりを保存しておくことによって雑菌が繁殖してしまうことも。特に梅雨時期は注意が必要です。

この点、アルミホイルであれば、水分をうまく外部に逃がしてくれるため熱がこもりにくく、より衛生的で安心といえます。

美味しさも安心も、おにぎりを包んで保管する段階ではアルミホイルのほうが一枚上手といえますね。

アルミホイルでおにぎりを包むコツ

アルミホイル
では、アルミホイルでおにぎりを包むときのコツってなんでしょう。

アルミホイルはすぐ破れてしまうので、なんだか難しそうに感じますね。ところが、そのままでは扱いづらいアルミホイルも、一度クシャクシャに丸めてから広げると、包むのに適した状態になります。

そしてクシャクシャにすることでできたアルミホイルの凸凹は、おにぎりとの間に隙間を作るため、よりふっくらとした状態をキープできます

ただし、アルミホイルでおにぎりを握ることは難しいですので、衛生面が気になる方は一度ラップでおにぎりを握ったあとにクシャクシにしたアルミホイルで包んで持ち運ぶのがおすすめですよ。
 
関連:【水漬けパスタ】災害時に水やガスを節約しながら作れる非常食!作り方は?味は美味しいの?
 

スポンサーリンク

まとめ

たかがおにぎり、されどおにぎり。美味しいおにぎりが食べたい!

ラップを用意したり、アルミホイルをクシャクシャにしたりと一見手間がかかるように思えますが、慣れてしまえばそれほど時間はかかりません。

ただ1つここで注意。アルミホイルで包んだままのおにぎりを、電子レンジで温めるのは危険ですので控えてくださいね

ラップとアルミホイルを上手に使って、ふっくらとした美味しいおにぎりをぜひ召し上がってくださいね。
 
関連:【さんまの塩焼き】グリルを使わずに焼く方法!フライパンで美味しく作る手順とコツ
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ