パソコン 
今回のテーマは“パソコンの正しい捨て方”について。

家に使わなくなったパソコンはありませんか?もう古くて使えない…でもどうやって捨てればいいの?と思っている方。粗大ごみで出して良いのか、どこかに引き取ってもうのが良いのか迷いますよね

いざというとき、どうすればいいか分からなくて困らないように、今回は正しいパソコンの捨て方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【一人暮らし必見】少しの工夫で狭い部屋を広く見せる4つのコツ
 

スポンサーリンク

正しいパソコンの処分方法とは?

 
パソコンの処分法

市役所では処分できない

基本的に、デスクトップパソコン・ノートパソコン・液晶ディスプレイ・CRTディスプレイ・液晶と本体の一体型パソコンなどは、自治体での処分・回収は行わないため、不燃物・粗大ごみとして出すことは出来なくなっています

正しい処分方法

1.メーカーに引き取ってもらう
パソコンが不要になったら、メーカーに回収を申し込みます。受付窓口は、各社または社団法人電子情報技術産業協会のホームページに記載されています。
また、自作のパソコンや倒産したメーカー・事業撤退したメーカーのパソコンなど回収するメーカーのないパソコンは、一般社団法人パソコン3R推進協会が有償で回収しています

2.専門業者に依頼する
廃棄処分業者に引き取ってもらうという方法があります。その際、相手の業者が都道府県知事等の許可を受けているか、委託する産業廃棄物の取り扱いが許可を受けている範囲か、必要な処理基準を満たしているかなどを注意して、業者の選定を行いましょう

3.ゴミとして出す
各自治体によりますが、大体は可能なことが多いはずです。お住まいの市町村の役所に確認してみて下さいね。ただ、デスクトップのケースは解体が難しく、ケースだけは粗大ゴミとしてのお金がかかるようです。

4.売りに行く
大手パソコンショップなどでは、中古パソコンの買い取りを行うお店があります。そこで、売りたいパソコンの型番や商品名を伝えて、だいたいの買い取り価格を知ることができますので、一度売りに行く前に尋ねてみても良いでしょう。
 
関連:朝起きられない人が簡単に起きる方法”自己覚醒法”ってなに?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

使わなくなったパソコンがご自宅にある場合は、回収してくれるのか確認してから分解・解体するようにしましょう。買い取ってもらえるのであれば、大手パソコンショップに一度尋ねてみるのも良いですね。いざという時困らないよう、事前に確認しておきましょう。

それでは!
 
関連:iphoneの充電ケーブルの断線をボールペンのバネで防ぐ方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ