プロパンガス
 
どうもこんにちは、エッコです。

今回はプロパンガスの節約術をご紹介したいと思います。

都市ガスと違って、プロパンガスはめちゃくちゃ高いですよね・・・

特にこれからの時期は温かいお風呂に入りたいけれど、プロパンガスはお風呂を沸かすのが高いから、

「ん〜、どうにかならないものか・・・」

とお悩みの方も多いかと思います。

そこで今回は実際の体験談として、うまく使う事で1ヶ月約3,000円のガス代を節約する事ができたという主婦の方の節約術をご紹介します。

実際の体験談ですので、非常に参考になるかと思います。

ぜひ、ご覧ください!
 

スポンサーリンク

【体験談】プロパンガスはやっぱり高かった

 
家
家を購入することになり、いろいろな物件を見て回りました。

その中で1軒とても気に入った家があったのですが、すぐに購入に踏み切れない理由が…。

そう、プロパンガスだったのです。

それまで住んでいた家は都市ガスだったのでガス代のことを気にかけたことはあまりなかったのですが、周りからもプロパンガスはガス代が高い、と聞いていたので、その家を買うかとても悩みました。

しかし、その家以上に気に入る物件に出会えず結局買うことになりました。

結果、覚悟はしていたけれどやっぱりガス代は高くなりました。

ハイツから1戸建てに引っ越したので湯船が大きくなり、使うお湯が増えたのもガス代が高くなった理由かもしれませんが、明らかにリッポーあたりの金額も高くなりました。

どうにかして安くならないものかと考えました。
 

お風呂の入り方で3,000円を安くした節約術

 
お風呂
 
いろいろ調べた結果、調理のガス代より給湯にかかるガス代のほうがはるかに高いそうです。

特に冬場はお風呂を何度も追い炊きしたり、食器を洗うのにお湯を使ったりするので15,000円ほどになってしまいます。

そこで考えたのが、

・お風呂の追い炊きの回数を減らすこと
・食器洗いはなるべく水で行う

という2点でした。

追い炊きをしないために、家族みんなが帰ってきてから、時間をおかずに順番にお風呂に入るようにしました。

時間をあけるとお湯が冷めて追い炊きをしないといけないので、冷めないうちに続けて入るようにしています。

次に、食器洗いについて。

冬場は特に水で洗うと手が冷たすぎるので、どうしようか考えた結果、食器を洗うときは綿手袋のうえにゴム手袋を重ねる事にしました。

そうすると、水でもあまり冷たさを感じません。冬場はこの方法でなんとか乗り切っていました。

以上、この2つの方法が私の節約術です。これで1か月3,000円ほど節約することができました。
 

スポンサーリンク

まとめ

 
プロパンガス代を1ヶ月3,000円安くするの節約術、いかがでしたでしょうか?

私も小さな頃は「母親に早くお風呂に入って!ガス代がもったいないから!」とよく叱られたのを思い出しました(笑)

やはりどこの家族もこういった節約法は実践しているんですね。

しかし、プロパンガスとなるとその金額の違いが都市ガスとは大きく違ってきますので、この方法は特に効果的なのではないかと思います。

プロパンガスのガス代でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは!
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ