リンス 
今回のテーマは“使わなくなったリンスの活用術”について。

話題になったシャンプーやリンスって一度はどんなものか試してみたいですよね。でもいざ買ってみると自分に合わなかったってことありませんか?しばらく置いていてもやっぱり使わない・・・そんな時は余った分をそのまま捨ててしまっている方!捨ててしまう前に、まだまだ活用できる方法があったのです。

今回は、使わなくなったリンスの活用術をご紹介しましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:余った揚げ油みんなどうしてる?正しい保存方法がこちら
 

スポンサーリンク

捨てないで!余ったリンスの活用術

 
リンスの活用法

柔軟剤代わりに

ワンカップのお湯にリンスをワンプッシュよく溶かしてから、あとは柔軟剤と同じように使いましょう。リンスの成分の効果で洗濯物が柔らかくなって香りも良く仕上がりますよ
柔軟剤の主成分は「陽イオン系界面活性剤」でこれはリンスの成分にも含まれているので、柔軟剤としても活用できるのです。

縮んだセーターのケアに

セーターが浸かるくらいの水にリンスを溶かしてしばらく放置します。そのあとは、よくすすいで脱水して干すだけです。この簡単な方法で、縮んで諦めてしまっていたセーターも元に戻すことができます。

寝癖直しに

頑固な寝癖直しには、水にリンスを溶かしたものをスプレーに入れて、シュッと一噴きするだけです。寝癖が直りやすくなり、さらにパサつきを押さえてるので全体的にスタイリングもしやすくなります。しっとり感も持続するので、日中も広がりにくくなりますよ。

テレビのほこりを付きにくくする

リンスを水で5倍ぐらいに薄めて、そこに布を2分ほど浸したらよく絞って5分~6分ほど乾かしてから、テレビを拭くだけです。リンスには静電気の発生を抑える成分がありますので、テレビなどの家電製品を拭くだけでほこりが付きにくくなるのです。
 


関連:【除菌・消臭にも】口をゆすぐだけじゃない!マウスウォッシュの意外な4つの使い方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

余って使わなくなったリンスは柔軟剤の代わりやセーターの縮み直し、お掃除にも活用できますので捨てずに最後まで使い切りましょう!
今までもったいないことをしていた方も、これからはこの活用術をぜひ試してみてくださいね。

それでは!
 
関連:まだまだ使える!気の抜けた炭酸飲料の便利な4つの使い道
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ