料理 
今回のテーマは“失敗しちゃった料理の挽回方法”について。

ちょっと気を抜いたすきに焦げてしまった!慌てていて塩を入れすぎた!そんな料理の失敗をした時、あなたはどうしていますか?

潔く捨てちゃう派?でもやっぱりもったいないし、作り直すとなると時間もかかってしまいます。もっともっと潔くそのまま食卓に出してしまう派?やはり家族に申し訳ないですし、そんなことは出来ませんよね。どちらにしてもいい気分はしません。

でも失敗したと思っていたその料理も、ちょっとした工夫でバッチリ美味しくなってしまうんです。今回はそんな時の挽回方法をご紹介しましょう。

うっかりさんもバタバタ毎日忙しく料理を作っている人も必見です。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【簡単!】安いお米をハチミツを使ってふっくら美味しく炊き上げる方法
 

スポンサーリンク

料理で失敗した時に使える挽回方法

料理失敗

塩を入れ捨て塩辛くなってしまった時

塩加減って本当に難しいですよね。少しの加減のミスで塩を入れすぎてしまった!そんな時に使えるアイテムは「お酢」なんです。

酢は塩気を押さえる効果があるので、もし酢をいれてもおかしくない料理でしたら少量加えることで塩辛からさをマイルドにすることができます

お酢を入れることができない煮物は「だし汁」を使いましょう。塩辛い煮汁を捨てその分だし汁を入れることで塩辛さを少なく出来ますよ。

お米の水加減を間違えた時

ご飯が固すぎるときはパラパラ美味しいチャーハンへ。軟らかすぎるときは一旦ごはんをザルに入れて洗い、おじやか雑炊にしてしまうのがお勧めです。

また軟らかすぎる時はお茶碗にごはんをよそい、ラップをかけずに90秒ほどレンジへ、それでも軟らかいようならさらに30秒。これだけでふっくらご飯に戻ることもあります。ぜひ試してください。

スープの上に油が浮いてしまった時

スープの上に大量の油が浮いてる時はレタスを浮かべます。そうすることで油分がレタスについてきます。また同じように細かく裂いたペーパータオルを表面でゆらゆらすると同じ効果が得られます。

焼き過ぎて焦がしてしまった時

焦げた料理
これもよくありますよね。ちょっと目を離した隙に焦げてしまった場合。

でも捨ててしまうのはちょっと待ってください。別のお鍋を用意して、焦げてないところだけを切り取り、新しいスープや出し汁で作り直します。それだけであの嫌な焦げ臭さはかなり軽減できます

ハンバーグが焼きすぎて固くなった時はお水をフライパンに入れて蓋をして蒸し焼きに、揚げ物を揚げすぎて固くなっ時は餡掛け料理に変更です。甘酢あんが固くなった揚げ物をしっとりとしてくれます。

逆に火が通ってない時はレンジで「チン」が簡単です。

ケーキが型から取れない時

ケーキが型から取れない時は一旦諦めて型ごと冷蔵庫へ。6時間から1日冷やし、その後バターナイフで回りを切ります。ポイントはそれからフォークを対角線上に入れ、少しずつケーキ一周動かします

少し時間と手間はかかりますが型を崩すことなく取ることができるようになります。
 
関連:【コシがヤバい】市販の麺を劇的に美味しくする方法!種類別おすすめの食べ方
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

色々な料理の失敗はありますが、上記した失敗は日常でよくありますよね。しかも忙しい時に限って起こってしまうのです。そうなるとイライラしてしまうし、落ち込むし……愛情込めて作りたいはずがガッカリの結果になってしまいます。

でも手間を掛けたり、ポイントさえ押さえていれば、失敗したと思った料理も美味しく食べることができちゃうんです

料理は毎日のこと。たまには手を抜きつつ、失敗しつつ、できることなら楽しく作りたいですよね。失敗した時も「何とかなるさ~」という気持ちで今回ご紹介した方法を試してみてくださいね!
 
関連:【水漬けパスタ】災害時に水やガスを節約しながら作れる非常食!作り方は?味は美味しいの?
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ