咳 
今回のテーマは“パイナップルの咳止め効果”について。

風邪の引き始めに咳が止まらなくなる・・・話をするのもつらくなって、ひどいときには夜も眠れなくなったりして、「もうイヤ!」ってなりますよね。

みなさんは、そのような時にはどうやって治していますか?

・風邪薬を飲む
・栄養ドリンクを飲む
・とにかく温かくして寝る

などなど、咳への対策も色々あるかと思いますが、今回ご紹介するのは”パイナップル”。意外ではありますが、なかなか治らないしつこい咳にパイナップルが効果的なのです

今回は咳にパイナップルが効く理由と、オススメのパイナップルジュースの作り方をご紹介します。
 
関連:美容効果あり?バナナの皮の意外な使い道がスゴい!3つの使い方をご紹介!

スポンサーリンク

ツラい咳の改善にパイナップルが効く理由

パイナップル
パイナップルには「プロメライン」という酵素が含まれており、この酵素には抗炎症作用があります。それによって細菌を消滅させ、咳や痰の症状を改善するのに効果的なのです。

パイナップルを食べると、唇がヒリヒリしたり口の中が痺れたような感じになった事ありませんか?これは、パイナップルのもつ酵素の「たんぱく質を分解する」作用が影響しており、その作用によって喉についたウイルスをやっつけてくれるのです

その効力はどの程度のものなのかが気になりますが、なんと薬の5倍近くの速さで風邪や咳が治まるとも言われています。

パイナップルは今ではコンビニやスーパーマーケットで簡単に手に入るので、咳がなかなか治らなくて辛い時は一度試してみてください。

パイナップルジュースの選び方と作り方

パイナップルを摂るのに果実をそのまま食べるのも良いですが、パイナップルジュースでいただく方が手っ取り早くてオススメです。

注意したいのは、濃縮還元のジュースでは酵素の働きが無く効果が期待できないので、ストレートの100パーセントジュースがオススメです

また、パイナップルの酵素は60度以上の温度になるとは働きにくくなります。缶詰のパイナップルでは効果がないので注意が必要です。

もし通常のパイナップルジュースでもあまり効果が無いという場合、色々混ぜてミックスジュースにするという方法もあるようです。

【咳止めパイナップルジュースの作り方】
・100パーセントのストレートパイナップルジュース
・レモン汁またはレモンジュース
・しょうがのしぼり汁
・はちみつ
・粉トウガラシ

これらを混ぜたものが良く効くみたいですね。メンツを見るだけでもまさに最強の布陣・・・めちゃくちゃ効きそうです(笑)ぜひ、我こそはという方は挑戦してみてください!
 
関連:玉ねぎ氷で血液サラサラ!ダイエットや糖尿病にも効果的!作り方は?

スポンサーリンク

まとめ

“パイナップルの咳止め効果”いかがでしたでしょうか?

普段、何気に食べているパイナップルにはこのような効果があったのは驚きですよね。これからの季節、特に風邪が流行るので喉をやられて咳が止まらないという事もある事でしょう。そういう時はすかさずパイナップルジュース、試してみてくださいね!

それでは!
 
関連:【紅茶うがい】インフルエンザ予防効果に歯周病対策まで?作り方とやり方をご紹介
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ