洗車 
今回のテーマは“車の洗車”について。

洗車を雨の日に行うことで、得られるメリットがあることをご存知ですか?ほとんどの人は、洗車は専ら晴れの日に行っていると思います。ですが、雨の日の洗車には実はいくつかのメリットがあり、中には雨の日を選んで洗車をする人もいるくらいです

また、環境問題に敏感な国では雨の日に洗車を行う人が多く、そうした国では車用の洗剤もあまり使わないのだそうです。雨の日は空気中を舞うホコリやチリが無くなるので、正しい方法で洗車をすることは理にかなっています。

そこで今回は、なぜ雨の日に洗車をする方が良いのか、どういったメリットがあるのか、それらについて見ていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【服のシワの取り方】旅行や外出先でアイロンを使わずにヨレヨレを無くす3つの方法
 

スポンサーリンク

雨の日に洗車を行うメリットってなに?

雨の日の洗車
晴れの日は太陽光によって、車体の表面の温度が雨の日より上昇します。車体表面の温度が上昇すると、それによって塗装にミクロ単位の穴が開いてしまい、その状態で洗車をすると、生じたミクロ単位の穴に洗剤や水が入り込み、塗装のくすみやムラの原因になってしまうのです。

また、雨の日は水分で車体の汚れが浮き上がるので、汚れを落としやすくなります。夜間に車を走らせてつく、頑固で手強い虫汚れも、雨の水分で汚れが浮かび上がると落としやすくなります。食器洗いのとき、お皿を水につけて汚れを浮かせてから洗うのと同様の原理ですね。

さらに、雨の日の洗車は拭き残しの白い跡が残りにくいという特徴もあります。拭き残しの白い跡は、水道水に含まれるカルキ(塩素)や水に付着した空気中のチリが乾いてできたものですが、雨の日の場合は雨によって水道水のカルキが車体から洗い流され、さらに空気中のチリも少ないので、白い跡が残りにくいのです。

雨の日に洗車を行うデメリットは?

洗車2
反対に雨の日に洗車を行うことのデメリットとしては、ワックスがけがしにくいということが挙げられます。雨の日にワックスをかけると、空気中の湿度が高く、拭き取る際にもベタベタとしてきれいに仕上げることができません

さらに、雨が降る中、洗車を行うという純粋な大変さもあります。天気のいい日に洗車するとは、単純に作業を行う負担が大きくなることは確かです。

雨の日に洗車をする場合には、無理をせず、行う作業を見極めて洗車するようにしてください。
 
関連:ビールを効率よくキンキンに!冷蔵庫内で1番美味しく冷やせる場所はどこ?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、晴れた日ではなく雨の降っている日に洗車を行うことには、様々なメリットがあります。洗車の目的は車体の汚れを落としてきれいにすることにありますから、湿度によって汚れが浮かび落ちやすくなっている雨の日の洗車は、理に適っているわけです

雨の日の洗車には前述の通りのデメリットもありますが、これまで晴れの日にばかり洗車を行ってきた人は、より綺麗に仕上がる雨の日の洗車をぜひ試してみてくださいね。
 
関連:【車の燃費】重い荷物や急発進が原因?ガソリンが早く減る5つのNGな運転方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ