部屋干し 
今回のテーマは“洗濯物を早く乾かす方法”について。

毎日欠かさず行う家事の代表ともいえるもの、“洗濯”。最近の洗濯機は性能が良いので、洗濯だけだとさほど手間がかからないかと思いますが、洗濯物を乾かすとなると話は別です。洗濯を干すとなると干し方次第で乾き方が全然変わってくるのです

そこで!洗濯物を少しでも早く乾かす方法があれば、知りたいとは思いませんか?今回ご紹介する方法は特に室内干し派の方たちにはオススメです。部屋干しでもちょっとした工夫をすることで、生乾きの臭いなどを無くすことが出来るのです

では早速それらの方法について見ていきましょう。
 
関連:【洗濯ミス】デニムの色移りや服の縮みはどうすれば元に戻る?トラブル別5つの対処法
 

スポンサーリンク

洗濯物を早く乾かす5つの方法とコツ

洗濯物を早く乾かす方法

1.裏返して干すと折り目が乾きやすい

洋服の生地の折り目が重なっている部分は洋服の裏側に有ります。実はその折り目の部分が一番乾きにくいのです。ですので洗濯物を干す際は裏返しで干しましょう

簡単な方法としては洗濯機に入れる時点で洋服を裏返しにしておくと干すときに手間が省けます。裏返して洗うと中で生地が傷みにくくなりますし、干すときも色落ちしたりしにくくなるのでメリットが多いですよ。

2.干す間隔を開ける

洗濯物を乾かすときは風の当たる面が大きいほど乾きやすくなります。ですので、洗濯物の間隔を開けることで風が通りやすくなり乾きやすくなるという理屈です。最低でも10cmは開けるようにしましょう。

その上で、扇風機などで風を当てるのも良いでしょう。

3.太めのハンガーで風通しを良くする

前項の間隔を開ける事に通じる事なのですが、洗濯物を乾かす時に針金の細いハンガーを使用している方も多いと思いのではないでしょうか?

細いハンガーですと洗濯物の前身頃と後身頃が密着してしまい、風通しが悪くなってしまいます。太い木のハンガーなどを使用すると密着しないので洗濯物が乾きやすくなりますよ

4.アーチ干しのやり方

洗濯物の干し方に「アーチ干し」という干し方が有ります。物干しの両サイドに長めの洗濯物を干して真ん中に進むにつれて洗濯物のサイズを小さい物にしていくという手法です。

この干し方は真ん中に大きな空間をつくる事によって、空気が下から上へと流れやすくなるというものです。そうすることでバランス良く乾いてくれます。

5.厚手と薄手を交互に干す

厚手のものと薄手のものは交互に干しましょう。そうすることによって洗濯物の間により隙間ができて乾きやすくなります

また、長いものと短いものも同様に交互にした方が良いです。(タオルなど)

6.バスタオルを早く乾かすには?

タオル
タオルで一番乾きにくいとされるのがバスタオルなどの厚くて長いタオルです。

これを早く乾かすには、まず太くて丈夫なハンガーを使用しましょう。そして、タオルの片側を長めにして干します。そうする事で、重なる部分が減って、さらに風の当たる面が大きくなりますので乾きやすくなります。
 
関連:デニムって何回履いたら洗濯するのが良い?正しい洗い方で綺麗に長持ちさせよう
 

スポンサーリンク

まとめ

洗濯物を早く乾かす方法、いかがでしたでしょうか?

洗濯物も乾かし方一つで乾きやすくなります。もちろん一番ベストな方法は天気の良い風の有る日に外に干す事ですが、その中でも今回ご紹介した方法を使用することでより早く乾かす事ができますよ。

雨の日が続いた時などは部屋干しする機会も増えると思います。コインランドリーに行くのも良いかもしれませんが、経済的な方法としては部屋干しをしてよく乾かす事が出来ればそれに越したことはないですよね

部屋干しで中々乾かないとお困りの方は是非この方法をお試しくださいね。
 
関連:【お試しあれ】白シャツの黄ばみ汚れを劇的に落とす4つの方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ