洗濯槽 
今回のテーマは“洗濯槽の洗い方”について。

掃除を怠らない方はたくさんいらっしゃいますが、洗濯機の掃除はちゃんとしていますか?洗濯機、外側ではありません。洗濯槽です。

洗濯槽の掃除を怠っていると、洗濯槽の裏側がカビだらけになってしまいます。カビが発生しないようにきちんと洗濯槽を掃除しないと、洗濯物にも影響してしまうんです

洗濯物への影響、それは臭いです。洗濯槽の裏側がカビだらけになると、臭いを発するようになります。洋服を綺麗にするために洗濯機を回しているのに、洗濯物にカビの臭いが移ってしまい、洗濯物がカビ臭くなってしまうんです。

そこで今回は洗濯槽の汚れを落とす方法をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【洋服のメンテナンス】覚えておきたい!シャツやデニムの正しい洗濯と保管方法
 

スポンサーリンク

洗濯槽をクリーニングするメリット

洗濯機
洗濯槽を掃除して綺麗にすることのメリット、それはもちろん洗濯物のカビの臭いが消えることです。洗濯槽の掃除をするのとしないとでは、全然違います!人の鼻で分かるくらいに変わります。

じゃあ掃除しよう!と思い立って薬局に行き、市販のクリーナーを買ってくる・・・というのは実はあまりオススメできません。市販の洗濯槽クリーナーではカビはあまり落ちないんです。

というのも、市販の洗濯槽クリーナーは塩素系なのですが、この塩素系は粉状の黒カビを溶けさせるだけなのでカビ臭さが残ったままになってしまうんです

「それでは自分で洗濯槽を掃除できないのか・・・」と落ち込むのはまだ早い!

もしもプロに頼むとなれば、1万円以上かかってしまうのですが、それはできれば避けたいですよね。自分でも本格的に掃除できる方法はもちろんあります。それは酸素系漂白剤を使う方法です。その方法をご紹介しますね。

洗濯槽クリーニングの仕方

酸素系漂白剤
用意するものは3つです。

まず一つ目は酸素系漂白剤粉末なら500g~1kg、液体なら500ml~1,000mlです。必ず酸素系漂白剤を使用してくださいね。

二つ目はごみすくいネットです。100均で売っているものでOKです。浮いた汚れを取るために使います。三つ目はお湯です。わざわざ炊かなくてもお風呂の残り湯で大丈夫です。できれば追い炊きして少し熱めにしてください。

次に洗濯槽クリーニングの手順です。ポイントは下記の6つです。

1.50度くらいのお湯を洗濯機に入れてください。その際は高水位で貯めてください。
2.用意した酸素系漂白剤を入れてください。
3.洗いのみのコースに設定し、3~5分攪拌してください。
4.就寝するまでに2~3回くらい攪拌だけを繰り返してください。
5.一晩置いておいてください。起きたらもう一度、洗いのみのコースに設定し、3~5分行ってください。そして、排水、脱水までしてください。この脱水をしている時に、洗濯槽の裏側にいた黒カビがはがれて浮いてきます。
6.最後に綺麗な水を入れて、洗い・すすぎ・排水・脱水をしてください。

クリーニングの時間はだいたい12時間かかります。少し大変ですがとてもスッキリしますよ!ぜひ月に1回~2回くらいは洗濯槽を洗う日を設けましょう。
 


 
関連:【Tシャツ】できるだけ長く着たい!首回りがヨレない洗い方と干し方!元に戻す方法はある?
 

スポンサーリンク

まとめ

洗濯槽のクリーニング方法、いかがでしたでしょうか?

自分でクリーニングするとなると12時間もかかって大変そうだ・・・なんて思いましたか?基本的には放置すれば勝手に綺麗になるんです。時折ボタンを押しに行ったりごみをすくったりする必要がありますが、ほぼ待ちの体制なんです。

洗濯槽のカビは目に見えなくても、洗濯物がカビ臭くなってしまうのは嫌ですよね。今回ご紹介した方法なら、自分で簡単に、しかもお安く洗濯槽を掃除し、洗濯物の臭いを綺麗にすることができます

特に出かける用事がない日などにのんびり掃除をするのがベストです。ぜひやってみてくださいね!
 
関連:【セーターの洗濯方法】自宅で洗うにはどうすれば良い?プロに任せた方が良いニット類は?
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ