洗濯 
今回のテーマは“寝具の洗濯頻度”について。

寝る時に着るパジャマやベッドに敷くシーツなど、どれくらいの頻度で寝具を洗っていますか?特にタオルケットや布団カバーなんかは洗濯するにもかさばってしまう為、毎日洗うことができませんよね。

特に一人暮らしのサラリーマンなんかは、仕事で疲れて帰ってきてから家事となると「休みの日にまとめてやればいっか……」という感じで丸々一週間洗わない、という人も多くいるのではないでしょうか?

ですが、実はそんな寝床こそカビやばい菌の温床となっていることをご存知でしょうか?綺麗だと思っていても洗濯しないうちにどんどん目に見えない汚れが増えていくのです。

そこで今回は、寝具はどれくらいの頻度で洗濯すれば良いのか、その目安をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【新しい服】アレルギーやかゆみの原因に?着る前に洗濯すべき4つの理由
 

スポンサーリンク

寝ている間にこんなに汗をかいている

睡眠
私たちは寝ている間にも実はたくさんの汗をかいています。

では実際にどれくらいの汗の量をかいているのかというと・・・調査では私たちの就寝時における一日の発汗量は、年齢・季節にも左右されますが、およそ500ml、つまりコップに一杯程度も汗をかいているのです。

自律神経による体温調節機能は私たちが寝ている間も休みなく働いていて、そのため私たちは寝ている間汗をかいていてもほとんど自覚することがありません。しかし、気付かない間にかいた汗も寝具にとっては臭いや雑菌が繁殖する原因になっていて、気付いたら寝具がカビだらけになっているということも無い話ではないのです。

汗は一度染み込んでしまうと一回干したくらいでは雑菌の繁殖を防ぎ辛く、特に暖かい季節(春~夏)は気温と湿度の上昇で汗で湿った寝具が乾きづらいため、最も注意が必要な時期であるといえます。

寝具はどれくらいの頻度で洗うのが良い?

寝具の洗濯頻度
それでは、寝具はどのくらいの頻度で洗濯するべきなのでしょうか?それぞれの寝具別に見ていきましょう。

布団カバー

まずは布団カバー。

布団カバーはこまめに洗濯する必要があります。寝具の中でも広い面積を占めていることもあり注意が必要です、一週間に一回は洗濯して清潔をキープしましょう

シーツ

次にシーツですが、季節関係なく週に一度は洗濯しましょう。

シーツについた汚れを放っておくとダニが発生する原因になり、黄ばみになりやすいなど見た目も美しくありません。シーツも直接肌に触れるものですので、不潔な状態ではニキビの原因になってしまう危険性もあります

お仕事をされている方などはなかなか難しいかもしれませんが、休日を利用するなどして頑張ってみて下さい。「この曜日はシーツを洗う!」というふうに自分ルールを作ってやってみると忘れずに洗濯ができますよ。

枕カバー

枕カバー直接肌に触れるもので汗も一番含んでいるはずです。毎日はさすがに難しいかもしれませんが、夏は2~3日に一回、その他の季節は3~4日に一回は洗濯するように心がけましょう

また、枕カバーは汗だけでなく、皮脂やよだれなども吸収しています。皮脂汚れは落ちにくいこともあり、悪臭の発生原因にもなりますので、頻繁に洗濯しましょう。

パジャマ

パジャマは一番素肌に触れるもの、同じパジャマを着続けてしまうと知らない間にばい菌がだらけになっていることも・・。これはパジャマの生地と肌が接触して皮膚の薄皮などが布に付着することにより、ばい菌がその薄皮を温床にして繁殖してしまうためです。

普通の外に出るときの服と同じくらいの感覚で、洗濯や着替えを行うことをオススメします。

タオルケット

タオルケットを使っている方はこちらもこまめに洗いましょう。

タオルケットを製造・販売しているメーカー側も「出来る限りこまめに洗う」ことを推奨していますので、何枚かストックを持っていた方が良いかもしれませんね。

寝具の中で特に吸湿性に優れているタオルケットは、それだけ雑菌が繁殖しやすいため、連続して同じタオルケットを使用することは避けたいところです。

夏にかけるタオルケットは、直接素肌に触れて汗の吸収も良い素材ため、頻繁に洗濯をしましょう。

マットレス

マットレス
最後にベッドに敷くマットレスですが、ご家庭での洗濯は難しいため、基本的にはベランダの壁に立てかけたりして、日干しをして清潔を保ちましょう。

とにかく湿気を取り除くことを念頭に、時にはマット用の除菌スプレーなどを使うことで雑菌の繁殖を防ぐことが可能です

毎日はさすがに難しいかも知れませんので週に1~2回くらいを目安に行いましょう。
 


 
関連:【洗濯ミス】デニムの色移りや服の縮みはどうすれば元に戻る?トラブル別5つの対処法
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

寝具の洗濯はついつい後回しになってしまうもの、だからこそ普段から注意しておきたい場所です。寝具を清潔に保つことは雑菌やダニの繁殖を防ぎ、何よりいい匂いのする清潔な寝具は良質な睡眠をもたらしてくれます

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭やペットを飼われている方、ニキビやアレルギーなど肌荒れに悩んでいる方は特に定期的に洗うようにしましょう。

毎日触れるものですから、清潔な状態を保っていきたいですね。
 
関連:部屋干し派は必見!乾きにくい洗濯物を早く乾かす6つの方法とコツ
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ