塩スクラブ 
今回のテーマは“砂糖スクラブの美容効果”について。

お肌のスキンケアをする上で角質ケアは大切なことです。角質ケアをすることで化粧水や乳液のお肌への浸透率を上げる事が出来ます。

そしてスクラブをするには、スクラブ入りの洗顔料もありますが、添加物にこだわる人の中で最近人気なのが塩スクラブです。塩のスクラブは天然素材で、口にしても安全な食品を使用するので最近人気がありますが、実は塩だけではなく砂糖でも代用できちゃうんです。

そして、人によっては塩のスクラブよりも砂糖のスクラブの方がオススメの人もいるのです

今回はなぜ塩スクラブよりも砂糖スクラブがオススメなのかをご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【美容】小顔になりたい人は要注意!今すぐやめるべき4つの生活習慣
 

スポンサーリンク

敏感肌には塩スクラブよりも砂糖スクラブがオススメ

砂糖
なぜ、塩ではなく砂糖でスクラブを行うのがオススメなのかというと、それは粒子の細かさに秘密があります。

砂糖と塩を違うビーカーに入れてその中でどちらが早く水に溶けるかという実験を小学生の時にしたことはありませんでしたが?その時塩よりも砂糖の方が早く水に溶けたという実験結果が出ませんでしたか?

これは、塩よりも砂糖の方が粒子が細かいので早く溶けたのです。砂糖の方が粒子が細かいということは、それだけ肌には優しく刺激が弱いということなのです

また、砂糖には肌を保湿してくれる効果があるので、スクラブ後慌てて化粧水をつける必要もありません。

ですので肌が弱い方、アトピー体質の方も安心してスクラブを行うことができますし、なんと赤ちゃんにも使えてしまうのがこの砂糖のスクラブの良いところです。「砂糖には引っ掻き傷にも効果を発揮する」と、小児看護会でも発表されていたりするんですよ。

塩スクラブでは刺激が強すぎて肌が痛くなった、肌荒れしてしまったという人は是非とも塩ではなく砂糖を使ったスクラブでお肌のケアをオススメします。

砂糖スクラブの作り方と使い方

オリーブオイル
お手軽に作れる砂糖スクラブの作り方を紹介します。

砂糖3の分量に対してオリーブオイルを4の割合で加えて、あとはかき混ぜるだけで完成!とても簡単です。ここで使用する砂糖はサラサラしている上白糖で作った方が、作った際に砂糖が固まらず作りやすいです

また、匂い付けにアロマオイルを数滴垂らすと、リラックス効果も高まってオススメです。

砂糖スクラブの使い方も簡単です。角質を落としたい部分を水で濡らして、気になる部分にスクラブを付けてクルクルと指を回してマッサージするだけです。
 
関連:【洗顔やパックにも】ベビーパウダーで毛穴汚れやニキビが治る?驚きの4つの効果
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

砂糖は塩よりも粒子が細かく肌に優しいので誰でも安心して角質ケアを行うことが出来ます。また、乾燥対策にもなるなんて一石二鳥だとは思いませんか?この機会に塩スクラブから砂糖スクラブに切り替えてみていかがでしょうか。

ただし、やりすぎはどんなに肌に優しいといっても肌を傷つける原因になるので、スクラブは週に1回程度に抑えるようにしましょう

気になる方はぜひ一度試してみてくださいね!
 
関連:【いちご鼻】オリーブオイルでぶつぶつの角栓が綺麗に取れる?身近なモノで落とす方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ