調理
 
どうも、管理人のエッコです。

今回のテーマは“指が切れたときの簡単な止血法”について。

料理をしていると、誤って包丁で指を切ってしまったこと、ありませんか?ごくごく小さな切り傷であれば、押さえているうちに血も止まりますが、それなりに血が出ている場合、キッチンにある砂糖を使うことで簡単に止血することが出来るのです。

今回は砂糖を使った止血法をご紹介したいと思います。是非参考にしてみてくださいね!
 
関連:なかなか乾きにくい髪を早く乾かす方法!電気代の節約にも◎
 

スポンサーリンク

指を切ってしまった時に砂糖を使って止血する方法

 
砂糖
 
誤って指を切ってしまった場合、もちろん大量の血が出ている場合は即病院へ行くべきですが、それほどでも無いという場合は、傷口に砂糖を擦り付けて押さえておくだけで止血することができます。

なぜ砂糖で止血できるのかというと、砂糖には体液を吸いとって細胞を活性化させる働きがある為です。その性質を傷薬として利用することができるのです。

また、砂糖には熱を取る作用がある為、打撲などで腫れた部分に擦りつけることで炎症を抑える効果もあります。


スポンサーリンク

まとめ

 
いかがでしょうか?

砂糖にこんな効果があったというのは意外でしたよね。もし血が出てしまった時や、どこかにぶつけてしまった時は、これらの方法を試してみてください

しかし、くれぐれも大きな怪我をした時は速やかに病院へ行ってくださいね!笑

それでは!
 
関連:乾燥肌はもちろん!肌荒れニキビ美白にも効くメディカルクリームGが凄い
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ