家で洗えないニット 
今回のテーマは“セーターの洗濯方法”について。

自宅の洗濯機でセーターを洗ったときに、洗い上がりを見て「なぜ、こんなことになったの?」と思ったことはありませんか。そう、セーターはものすごく縮んだり、逆に伸びてしまったりすることがあるのです。

お気に入りのセーターが姿を変えてしまったら、それはもう大ショック。実は、セーターを自宅の洗濯機で洗う際のポイントがあるのです。ぜひこのポイントをおさえて、チャレンジしてください。

今回は失敗しないセーターの洗い方をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:部屋干し派は必見!乾きにくい洗濯物を早く乾かす6つの方法とコツ
 

スポンサーリンク

洗濯機でセーターを洗濯する際に気をつけること

洗濯方法

セーターの洗濯表示を確認

まず、セーターの洗濯表示が、ドライマークになっていることを確認します。このマークがなければ、自宅での洗濯はダメです。

洗濯ネットの利用

次に、伸びたり、毛玉になったりしないように、セーター用のネットに入れます。ぴたりと収まるのがベスト。セーターを裏返して、襟や袖口などの汚れの目立つ部分が表に出るようにしましょう

洗濯機のコースはドライコース

この後は簡単。ドライコースを選んでスタート。洗剤は、中性洗剤がベストです。また、すすぎの時に柔軟剤などを入れれば、ふんわりと仕上がります。なお、ウールはお湯で洗濯すると縮む傾向にありますので、冬場でも水を使用してください

セーターを干す際のポイントは“整える”こと

セーターの干し方
セーターを干すときのポイントは、元の形に整えて干すということです。

平干し用のネットで

平干し用のネットを利用するのが、簡単でベストです。これなら形は崩れません。

ハンガーを利用する

ネットがない場合にはハンガーで代用します。袖が短くて軽いセーターならOK。袖が長くて重いものは、ハンガーにタオルなどを巻いて使用を。そして袖がだらりと垂れ下らないように、肩にかけましょう

物干し竿のときには

物干し竿に干すときには、胴体部分を竿に掛けて二つ折りになるようにします。そして、袖の先を左右とも竿にひっかければOKです。また、お風呂の蓋にタオルなどを敷いて、その上で干すのも一つの方法です。

直射日光が当たらない場所で

日陰で干しましょう。そうすることで、黄ばみや色あせからセーターを守ることにもなります。

家で洗えないニットの種類

セーターの洗濯方法

自宅で洗濯しないほうが良いものとは?

自宅での洗濯が、素材的に難しいものもあります。例えば、カシミヤやシルク、レーヨン、キュプラ、アセテートなど。これらは素人ではやはり扱いにくいので、クリーニングに出すほうが無難です。

また、細かい装飾が施してあるものや、エンボス加工・しわ加工・クレープ・起毛しているもの、天然石などのアクセサリーが付いているもの、そしてお気に入りのセーターなどもプロにお任せしましょう。

もし縮んでしまったらどうする?

もし縮んでしまったら、ぬるま湯にトリートメントを少し入れてセーターを浸します。しばらくそのままにしてからすすぎ、平干しに。また、網み目が残っているなら、アイロンの蒸気をゆっくり当てると元に戻ることがあります。
 
関連:【寝具の洗濯】放置は危険?!布団カバーやベッドシーツはどれくらいの頻度で洗えば良い?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自宅でセーターを洗濯するとなると、だれもがちょっと不安になります。しかし、ポイントをおさえれば、自宅で洗濯することができます。ぜひ、この記事を参考にしながら、チャレンジしてください。

ただし、お気に入りのセーターなどは、万一のことを考えてプロに任せるのがベスト。どれを自宅で洗い、どれをプロに任せるか。それを見分けることが大切ですよ。
 
関連:【洗濯方法】タイツを長持ちさせるには手洗いがオススメ!?破れにくい洗い方と干し方
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ