どうも、エッコです。

今回は一人暮らしの女性に向けた、オススメ節約術をご紹介します。

女性は男性と比べて食が細い方が多いので、特に一人暮らしの方だとご飯を余らせたり腐らせたりしてしまう事で悩んでいる方も多いかと思います。

今回は節約術は、そういった悩みを持たれている方にスゴく参考になる体験談ですので、ぜひ参考にしてみてください。
 

スポンサーリンク

【体験談】一人暮らしの食事は食材が余ってしまうのが悩み

 
自炊
 
私はかつて、一人暮らしをしていました。

朝食は健康の為必ず取りたかったのですが、サラダに使うお野菜を腐らせてしまうことが悩みでした。葉物野菜は傷みが早く、使おうとした時には変色している事も多くありました。

ご飯を炊く時も、家の炊飯器で炊けるのが一合からだったので、つい余らせてしまうこともありました。

お豆腐が大好きでよく食べていましたが、女性に一丁は多く、半分に切って半分を食べ、残りは水の入った容器に入れて冷蔵庫に入れて保管していましたが、後日使うのを忘れてダメにする事もありました。

一人暮らしの食事は、一人分を作ろうとすると逆に難しかったのを覚えています。レシピを見て作ろうとしても、大体、二人分のレシピが書いてあるので、やりにくかったです。
 

スポンサーリンク

私のオススメ節約術!

 
肉野菜
 
できるだけコストも手間もかけたくないと思い、節約できる方法を色々と考えました。

ご飯は一合からしか炊けないので、思い切って三合炊いて、当日使う分以外は全て一食分ずつサランラップにくるんで冷凍するようにしていました。

おかずも一食分を作るのは難しいので、野菜はサラダで摂るのではなく、温野菜やお肉と合わせて料理して、火を通すことによって長持ちさせるようにしました。

温野菜は電子レンジで使えるスチーマーを使って茹でる手間と光熱費を節約し、もし余っても保存出来るので、翌日また温めて食べるようにしていました。

お味噌汁は味噌の風味を大事にしたかったので、ダシを入れて煮込むところまでは大鍋で作り、その後、一食分の量を別の鍋に移してお味噌を入れるという方法を取っていました。ダシを入れた大鍋はそのまま冷蔵庫へ。

この方法だとまとめて作れて、毎回お味噌の香りも味わえるので、煮込み過ぎることもなく美味しく食べる事が出来ました。

私は魚が好きなので朝食には鮭をよく食べていましたが、ここでもちょっとした工夫を。

まず鮭はまとめて買ってきて一尾ずつサランラップにくるんで冷凍します。その時、酒を軽く振っておくと臭みが抑えられるのでオススメです。

焼く時は冷凍のままグリルで焼きますが、その時にアルミホイルに油を塗って焼くと、くっつかず片付けもしやすいので、お金だけでなく、時間の節約にもなりました。

朝食は一日の始まり、元気の源なのでとても大事です。朝食を摂ることによって頭がスッキリとして体が動くと思います。

食事にかかるお金をセールで節約し、買ってきた食材の保存の仕方で無駄なく使い切ると気分が良いです。

できたら食事の内容を記録しておくと献立に悩んだ時に役に立ちます。買い物のレシートは冷蔵庫に張っておいて、使った食材から消していくとわかりやすいです。

このようにちょっとした工夫をしていけば、節約をしながらでも健康的な朝食をとることができます。健康に良くてお財布にもやさしくなるので、是非試してみてください。
 

まとめ

 
女性の食事の節約術いかがでしたでしょうか?

確かに一人暮らしの場合、自炊する方が安くつきますが、料理が余ってしまうというのはよくある悩みですよね。

今回ご紹介したように、うまく次の食事でも美味しく食べられるように保管をする事で、腐らせてしまう事なく、食材を使い切る事ができますね。

食事の保管の仕方で悩んでいた方はぜひ今日から試してみてはいかがでしょうか?
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ