油汚れ 
今回のテーマは“しつこいギトギト油汚れの落とし方”について。

自転車のチェーンが外れてしまって直した時、手に油がついてしまってギトギトになった経験はありませんか?また、料理をしていて生肉や揚げ物などの油が手に付くと、石鹸でしっかり洗ってもあのヌルヌルが落ちませんよね。

もちろん何度も何度も繰り返し洗えばしつこい油汚れも落ちますが、洗剤や水がもったいないし、無駄に時間もかかってしまいます。そこで今回は、台所にある“あるもの”を使って手の汚れをすっきり落とせる方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:砂糖で血が止まる?指が切れた時の簡単な止血法はコレ
 

スポンサーリンク

しつこい油汚れは砂糖で簡単に落とせる!

 
作業汚れ
手にこびりついてしまった油は、砂糖で落とすと効果的です。油でギトギトになった手に、小さじ1の砂糖をまぶして10秒程度擦り合わせます。その後、一度水洗いをしてから、通常の半分の量の石鹸を使って水洗いするだけで、スッキリ綺麗に汚れが落とせます

多少残った場合は、また手を洗えばすぐに落ちますよ。強力な油汚れ落とし用の洗剤を常備しなくても、これだけで十分効果ありです。

どうして砂糖で油汚れが落ちるの?

 
砂糖で落とす
砂糖には、油が吸い付きやすい性質があり、それによって手に付いた油汚れを砂糖に付着させて手を洗うことで、スッキリ落とす事が出来ます

油は、炭素と水素と少しの酸素で出来ています。砂糖は、炭素と水素と砂糖からできているので、皮膚の表面よりも、砂糖の表面の方が親和性が良いので砂糖にくっつくという事なのです。

砂糖以外での落とし方は?

食器洗い用洗剤で洗い落とすという方が多いのではないかと思います。汚れた手と、食器を同時に洗ってしまう方法ですね。

この方法だと、最近の食器洗い洗剤の油を落とす力はとても高いので、手の潤いまで奪ってしまうものがあります。気になる方は、砂糖でスッキリ落とす方法か、一時的ですがキッチンペーパーや新聞紙で拭き取る方法をオススメします。
 
関連:余った揚げ油みんなどうしてる?正しい保存方法がこちら
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

手についてしまったベトベト油汚れは、砂糖を使えばあっという間に綺麗にスッキリ落とす事が出来ます。お砂糖は、食べるものなので少し気が引けるとう方もいらっしゃるかもしれないですが、最小限のもので済ませられるのでとっても便利ですよ。困った時は、ぜひ試してみて下さいね。

それでは!
 
関連:【塩って凄い!】掃除・洗濯に美肌効果あり!?料理以外の便利な使い道
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ