紅茶 
今回のテーマは“紅茶うがい”について。

秋が深まり、気温の低下とともに冬が近づいてきました。冬といえばインフルエンザ。おそらく今年も間違いなく猛威を振るうことになるでしょう。

予防接種をしてもかかってしまうことがあるインフルエンザですが、その予防に紅茶が効果的なのをご存知でしょうか?どうやら紅茶でうがいをする事によってインフルエンザを予防する効果があるみたいなんですね。

そこで今回は紅茶うがいの驚くべき効果についてご紹介しましょう!ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:季節の変わり目に体がだるいのはうつかも?秋に体調不良になる3つの原因と対策
 

スポンサーリンク

紅茶うがいがインフルエンザ予防に効く理由

インフルエンザ予防
紅茶には「テアフラビン」と呼ばれる成分が含まれています。テアフラビンは、ポリフェノールの一種で、カテキンが発酵してできる赤い色素のことです。このテアフラビンには殺菌・抗菌・消毒作用があり、インフルエンザの予防にも効果が期待できます

また、テアフラビンは紅茶にしか含まれていないため、水や緑茶よりもうがいをするのに適しています。紅茶を飲むだけでも、口の中を洗浄し、ウィルスなどから保護する効果はあります。

しかし、喉の奥までしっかりと成分を届かせた方が、インフルエンザの予防には効果的です。

紅茶うがいの作り方

紅茶うがいの効果
それでは。紅茶うがいの作り方とやり方をご紹介しましょう。

【用意するもの】

紅茶の茶葉:小さじ3分の1
熱湯:100ml
水:200ml

【作り方】
茶葉を熱湯で5分間抽出します。そして、抽出した紅茶に水を混ぜて薄めれば出来上がりです。このうがい液は時間が経つと、成分が分解されたり雑菌が繁殖したりしてしまうため、24時間を目安にお使いください

紅茶うがいのやり方と手順

紅茶うがいのやり方
次に紅茶うがいのやり方と手順です。

うがいをする前に、まずは口の中の菌をある程度洗い流すために、上を向かずに口をゆすいでおきましょう。それから紅茶うがいを始めます。

【紅茶うがいのやり方と手順】

1.うがい液を口に含み、上を向かずに10秒間口をすすぎ、吐き出します。

2.新たにうがい液を口に含み、上を向いて口を開け、「あー」と声を出しながら15秒間うがいをします。

3.2をもう1度、繰り返して終了です。

まだまだあった!紅茶うがいの驚くべき効果

紅茶うがいの効果
紅茶うがいには、さらに以下のような様々な効果が期待できます。

1.虫歯の予防

食事をすると、口の中が酸性に近づき、虫歯が出来やすくなってしまいます。紅茶に含まれるカテキン作用には、口の中の酸化を防ぐ効果があるため、虫歯になりにくい口内環境を整えてくれます。

2.歯周病を防ぐ

紅茶に含まれるポリフェノールには、歯周病菌を抑制する働きがあります。また、歯周病の原因となる酵素を抑制する効果もあると言われています。

3.歯垢の沈着を防ぐ

紅茶に含まれるフッ素には、歯垢の沈着を防ぐ効果があり、歯のエナメル質を強化する効果があります。

4.口臭の予防

紅茶に含まれるカテキンには、口臭の原因である成分の一つ、「メチルメルカプタン」を減少させる効果があります
 
関連:【効果抜群】爪揉みで体の不調が改善する!?とっても簡単な爪マッサージのやり方がコレ
 

スポンサーリンク

まとめ

紅茶うがいの効果、いかがでしたでしょうか?

インフルエンザを予防するためには、常日頃から体調管理に気を配ることが大切です。さらには、ただ水でうがいするよりも紅茶でうがいする方が、効果が高いということが分かりましたね

うがい液の作り方も簡単ですし、ティーバッグやペットボトルの紅茶を使用しても作ることができます。また紅茶には、インフルエンザなどの病気の予防以外にも様々な嬉しい効果があるので、こまめに飲むことをオススメします。

毎日続けることに意味がありますので、ぜひ手軽にできる紅茶うがいを試してみてくださいね。

それでは!
 
関連:ツラい咳にパイナップルが効く?最強の咳止めパインジュースの作り方
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ