トイレ 
今回のテーマは“トイレのおしっこを我慢する方法”について。

渋滞で身動きが取れない車の中や、大事な会議などの席を外せないシチュエーションの時に突然やってくる尿意。皆さん一度は経験ありますよね。どうしても今はトイレに行けない!という時にどのようにして切り抜けていますか?

トイレに行きたい時に限ってトイレが見つからないなんてことも。そこで今回は、そんな突然訪れるピンチに効果があるおしっこを我慢する方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【簡単】花粉症による鼻づまりをペットボトルで解消する方法
 

スポンサーリンク

トイレのおしっこを我慢する5つの方法

 
おしっこを我慢する方法 

一般的におしっこを我慢するのは危険なこと

トイレを我慢し続けていると、膀胱内で細菌が増殖し、膀胱炎になってしまいます。我慢することに体が慣れてしまうと、腎臓にも負担がかかり、膀胱炎だけでなく腎臓病にもかかりやすくなってしまいます

おしっこを我慢する方法

1.足をクロスする
げんこつ1個分ぐらいあけて、頭の中で尿道をギュッと締めているイメージをして足をクロスします。この姿勢では歩けませんが、トイレに行ったのに、前の人がなかなか出てこなくてピンチの時に効果があります。

2.頻尿ツボを押す
くるぶしから指4本分上ぐらいにツボがあり、少しへこんでいて押さえると痛気持ち良い場所です。手の親指で1回1~2分くらい指圧しましょう。

3.尿量を減らすツボを押す
あごの膨らみの中央にツボがあり、このツボを刺激すると膀胱の筋肉の伸縮性を高めて尿を多くためることができます。会議中などは、手を軽くグーにして頬杖をつき、指の第二関節あたりでさり気なく刺激してみましょう。

4.意識を紛らわす
貧乏ゆすりをして体を細かく動かしてみたり、音楽を聴いたりすると、少しでもトイレの意識から遠ざけることが出来るので実は効果がかなりありますよ。

5.おしりの穴を締める
膀胱の出口辺りをギューッと締めるイメージで、オナラを我慢するように10秒ぐらい維持する。こうすることで、膀胱の異常収縮が抑えられ、大人の男性なら1リットルぐらいは我慢できるそうです。
 
関連:口臭やドライマウスの改善に昆布が効く?都こんぶがオススメな理由
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どうしてもトイレに行けない時は、足をクロスさせたり、ツボを押えたり、トイレとは別の方へ意識を持っていくことで効果が得られますよ。しかし、あまり我慢し過ぎると体に良くないので、会議や車に乗る前に済ませて準備しておくことが大切ですね

それでは!
 
関連:ツラい咳にパイナップルが効く?最強の咳止めパインジュースの作り方
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ