Tシャツ 
今回のテーマは“Tシャツを長持ちさせる方法”について。

一枚で着たり、アウターの下に着たり、寝巻きにしたり……色んな使い道があってとっても便利なTシャツ。毎日のようにガンガン着ることができるのが魅力ではありますが、すぐにヨレてしまう為、あまり長持ちしないのが難点…。という方もいらっしゃるでしょう。

今ではユニクロや無印良品などで安く売っているので、ヨレたらまた買うという選択肢もありますが、できるだけ長く着ることで節約にもなりますし、お気に入りの無地Tは大切にしたいですよね

そこで、今回はTシャツを長持ちさせる洗濯方法と干し方をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【セーターの洗濯方法】自宅で洗うにはどうすれば良い?プロに任せた方が良いニット類は?
 

スポンサーリンク

ヨレないTシャツの洗濯方法

無地Tの干し方

Tシャツの首周り部分を輪ゴムで留める

Tシャツの首周り部分をきゅっと締めるように、輪ゴムで結んで止めてから洗濯します。洗濯機でまわすときに、輪ゴムで止めた部分の負荷を軽減することができるため、首周りのヨレを予防し、かつ、Tシャツの伸びを抑えることができます

輪ゴムは、ご家庭で簡単にできるため、ぜひ試してもらいたいと思います。

洗濯ネットに入れて洗濯する

また、洗濯ネットを使って洗濯するのも有効な方法です。洗濯ネットを使うことで、摩擦によるTシャツの劣化を防ぐことができるうえ、ほかの洗濯ものと絡まって伸びてしまうことも避けることができます。

しかし、洗濯ネットを使う場合は、入れ方や入れる量も注意が必要です。ほかの洗濯ものと絡ませたまま、ぐちゃぐちゃに入れてしまうと効果がでません。適量をネットに入れ、丁寧に入れることが大切です。

Tシャツの首まわりが伸びない洗濯方法

無地Tシャツの首元
Tシャツのヨレや伸びる部分として、一番気になるのが、首周りの伸びと思う方は多いのではないでしょうか?

首周りが伸びないようにするには、できるだけ負荷がかからないように洗濯することも大事ですが、洗濯を終えたあとのTシャツの干し方にも、Tシャツが伸びないポイントがあります。

まず、ハンガーを使って干すのはできるだけ避けたほうがいいです。ハンガーを使ってTシャツを干すと、Tシャツの全体の水分の重みで首周りの伸びを引き起こすのです

Tシャツの首周りをヨレから守る方法のひとつとして、袖に物干し竿を通して干す方法があります。こうすることで首周りに負荷がかからず、風通しも良くなり、Tシャツが速く乾くのです。

また、洗濯ばさみで、シャツを逆さまに干すのも、Tシャツが速く乾き、有効な方法です。

Tシャツが伸びてヨレてしまったらどうすれば良い?

ヨレたTシャツ

アイロンでヨレを直す

伸びてしまったTシャツを元に戻す方法として、修復させたい部分を丁寧にアイロンがけすることです。とくに、伸びてしまった首周りは、この方法で直すことが有効です。

アイロンがけする際に、注意したいのは、スチーム機能を使うことと、必ず、平らなアイロン台の上で行うことです。アイロンは温度を高めに設定し、スチームをたっぷり出して丁寧に、プレスするようにかけていくと、ヨレしまった部分が修復されます

首回りをカットしてリメイクもアリ!

それでも、なかなか元に戻らないようなら、思い切って、ヨレてしまった首周りを切ってリメイクしてみるのもアリかと思います。最近、自分好みにTシャツをリメイクすることが流行っていますので、上記の方法で、元に戻らない場合は、試してみるのも良いかもしれませんね。
 
関連:【お試しあれ】洗濯後のタオルがごわつく理由と劇的にふわふわにする方法
 

スポンサーリンク

まとめ

Tシャツを長持ちさせる方法、いかがでしたでしょうか?

お気に入りのTシャツを長く使い続けるために、丁寧に扱うことはもちろん、アフターケアとして、洗濯の方法や、干し方に注意しながら行うことはとても大事です。

洗濯の仕方や、干し方でヨレや、伸びを軽減させることができ、長持ちさせることができます。そして、Tシャツがヨレてしまった場合でも、丁寧なアイロンがけで、きれいに戻ることがあることを覚えておいてください。

また、どうしても元に戻らないようなら、思い切ってヨレ部分を切って、アレンジするのもまた面白いかもしれません。

ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてくださいね!それでは!
 
関連:【洗濯方法】タイツを長持ちさせるには手洗いがオススメ!?破れにくい洗い方と干し方
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ