液晶画面 
今回のテーマは“液晶画面の正しい掃除方法”について。

テレビの液晶画面って、静電気によってホコリが付着したり、子供が手で触ったりして汚れてしまいます。でも液晶画面ってすぐに傷がついてしまいそうで、どうやって掃除すれば良いのかよく分からないですよね

そこで今回は、指紋汚れや油汚れが付着してしまった場合の正しい掃除方法をご紹介しましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:掃除に大活躍!使い終わったサランラップのオススメ活用法
 

スポンサーリンク

今さら聞けない!液晶画面の手入れ方法

 
ティッシュペーパー

液晶画面の正しい掃除方法

1.電源を切る
電源を切って画面を黒い状態にすると、ホコリや汚れが付着しているのが良く分かります。また、静電気が発生しないので、掃除で舞い上がったホコリが再度付着してしまうのを防ぐことが出来ます。

テレビを消してすぐは画面が高温になっている為、水分が蒸発して拭き取り作業の拭き跡が残りやすくなってしまうので、少し時間を置いて画面の温度が下がってから行うのが良いでしょう

2.表面のホコリを取る
まずはホコリを取り除くことから始めます。液晶テレビの画面はとってもデリケートなので、ホコリが付いたまま布やシートで拭いてしまうと、ホコリによって画面に傷がついてしまうのです。そこで、柔らかい毛先のブラシやモップを使って優しくホコリを払い飛ばします

3.画面を拭く
カメラやメガネレンズ用のクリーニングクロスで、同じ方向に向かって軽く何度もぬぐうように拭きます。続けて拭き続けると、拭き取ったホコリが再度付着してしまうので、布をこまめに洗いながら行いましょう

クリーニングクロスなら、柔らかい素材でできているので、液晶画面を傷つけることもありません。
 

頑固な油汚れには

どうしても落ちない液晶画面の汚れには、クロスに中性洗剤を少し含ませてから拭きます。クリーニングクロスはかたく絞って拭き、洗剤が乾ききらない内に新しい布で仕上げましょう。

画面とフレームの隙間や通風孔に水が入ると故障の原因となりますので注意して下さい。

絶対にやってはいけない掃除法

最も使用してはいけないのが、アルコールや洗剤類になります。アルコールや洗剤類に含まれている研磨剤が、液晶画面の上の特殊加工に影響を与えてしまうからです。

また、除菌のウェットティッシュなどもアルコールを含んでいるのでNGです。ティッシュやキッチンペーパーも研磨剤が配合されている場合が多いので使用しないで下さい
 
関連:【急な来客】散らかった部屋を短時間で片付けて綺麗に見せる掃除テクニック
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ついつい近くにあるティッシュペーパーなどでさっとホコリを拭き取ってしまいがちですが、含まれている研磨剤で画面を傷つけてしまうので注意して下さい。クリーニングクロスなどの柔らかい布を使用して、日頃のメンテナンスに気を付けましょう

それでは!
 
関連:【片付けられない】汚い部屋を綺麗に保つ3つのコツ
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ