嘘 
今回のテーマは“嘘の見破り方”について。

皆さんは、周りの友人や恋人が嘘をついたとき見破ることができますか?なんだか落ち着いていない!などの普段その人のクセを知っている方は、怪しいなと感じる時があるかもしれません。

嘘をつくときは、何か後ろめたいことがある時。ちゃんとその場でしっかり嘘を見破りたいですよね。そこで今回はそんな嘘を見破る方法をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:満腹でも食欲が止まらない!無性にアレが食べたくなる原因は栄養不足?
 

スポンサーリンク

嘘を見破るには目の動きや仕草に注意しよう

 
嘘の見破り方

嘘をつくときのボディランゲージ

1.目の動き
嘘をついているときは体の動きが制限されて、腕や手の動きが少なくなり、ぎこちなくなります。左脳は言語を司り、右半身を支配しているので、どう嘘をつくかと言葉を選んでいる時は右上に視線が動きます。逆に真実を話すときは、左上に視線が動きます。

また嘘をついている人は、心にストレスを抱えているため、瞬間的に眉をひそめ、おでこに短いシワがよることがあります

2.鼻や口を触る
嘘をつく時にストレスにより交感神経活動が活発になり、鼻の内部組織が膨張されるので鼻がむずむずするのです。その為、いつもより頻繁に鼻を触る傾向があります。また、手で口を覆う、手を口元へ近づけるなどの仕草も多くみられます。

また嘘をついている時は落ち着きがありませんので、自分自身の体を動かす場合もあるし、手近にあったものを触る場合もあります。無意識に緊張を隠そうと、ポケットに両手を入れたり腕組みをするというような動作が現れることがあります。

3.逆切れする
その嘘がバレないように必要以上の情報を相手に与えようとしてしまうそうです。シンプルな質問に対して、長々と説明が返ってきた場合、嘘の可能性が高いでしょう

また、「もういいじゃないか!俺を信じられないのか!お前は!」という逆切れの言葉が出たら、それが嘘をついている証拠です。
 
関連:花粉症時期に使える!“カトちゃんぺ”でくしゃみを止める方法?
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人は嘘をつくとき、どう嘘をつくか考える為、右上に視線がいく傾向があるようです。なんだか落ち着かない様子で鼻を触ったり口元を隠したりする動作が見られたときは嘘をついている可能性が高いでしょう。逆切れなんてしたらそれが嘘をついている証拠ですね。

これらの動作を注意して観察すると嘘を見破れるでしょう。ぜひ覚えておいてくださいね。
それでは!
 
関連:【薄毛予防】抜け毛やフケを防ぐ正しいシャンプーのやり方しってる?
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ