飲み会 
今回のテーマは“二日酔いを防ぐ方法”について。

年末年始は忘年会や新年会など、普段あまり飲まれない方もお酒を飲む機会が増える時期でもありますよね。

しかし、次の日に酔いを持ち越してしまったり、連日の飲み会で二日酔いが抜けず困っているという方もきっと多いのではないでしょうか

それでもやってくる新年会。参加しないというわけにもいかないし、上司を前にしてお酒をまったく飲まないというのも難しい……という方に、飲んだ次の日にもツラくならないお酒の飲み方をご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【年賀状の返信】出していない人から来たらどうやって返すべき?書き方や期限とかはある?
 

スポンサーリンク

二日酔いの原因

二日酔いの原因
二日酔いになる原因からご説明していきましょう。

まず挙げられるのが水分不足による脱水症状。アルコールの分解には多くの水分が使われます。そして、よく飲む方はご存知だと思いますが、お酒には利尿作用がある為、尿としても体内から水分が出ていきます。

また、肝臓でアルコールを分解する時に一緒に生成されるアセトアルデヒドの分解不良も主な原因です。飲みすぎるとこの分解まで体が追い付かず、血管膨張による吐き気や頭痛といった症状を引き起こす原因になるのです。

つまり、これらの原因を対策することで、二日酔いは避けられると言っても良いでしょう

飲み会前にできる二日酔い予防対策

二日酔い対策

1.二日酔い防止ドリンク

コンビニなどで売っている二日酔い防止ドリンクを活用しましょう。価格にして200円~300円で購入できます。

味は様々ですがキツイ味だったのは昔の話。今売っているほとんどが一気飲みしやすいスッキリとした味ですね。

2.食べ物で胃を保護

胃の保護や肝機能を助けてくれるモノを予め摂取しておくことが効果的です。『胃の保護と肝機能助成』として代表的なのが「脂肪」と「果糖」。

コンビニで置いてある物でベストな物がフルーツヨーグルト。だだし低脂肪タイプはあまり効果が期待できないので注意してください。

また、トマトのリコピンにはアセトアルデヒドを抑える作用が期待できるので、サラダやトマトジュースを胃の中に入れておくことも効果的です。

ウコンを飲むのも効果的です。ウコンに含まれるクルクミンという成分がアセトアルデヒドの分解を促す作用があります

これらで事前に胃や肝臓を助成してあげましょう。
 

飲み会中の二日酔い対策

チェイサー
飲み会中は基本的に何かつまみながらお酒を飲む事になるでしょう。空腹でお酒を飲むのはNGですが、新卒の方や飲まされる側方はここであまりつまむ事も難しいかと思います。

ですので、そういった場合での方法もご紹介します。

1.水の確保

最も最適なのが水を飲み、血中アルコール濃度を薄める事です。アルコール濃度が薄くなればアルコールの分解が簡単になる為、アセトアルデヒドの分解まで手が回ります。

その為には、そんな状況も考慮しトイレに立ちやすい位置に座るようにしましょう。店員さんに言えばその場でお冷を直ぐに差し出してくれます。

2.お酒2口飲んだら1口は必ず食べる

お酒好きの方でもずっと飲み続けるのではなく、2口飲んだら1口は食べるようにすると満腹感も出てくる為、飲むペースを抑える事が出来ます。

単純に、お酒の摂取量が少なければアセトアルデヒドの分解も容易になるので二日酔いになりにくくなります

飲み会が始まってある程度時間が経つと食べ物も無くなってくるので、上司に飲めと言われたら「その前にちょっと何か注文してもいいですか?」とおつまみでも良いので確保するようにしましょう。
 
関連:ビールを効率よくキンキンに!冷蔵庫内で1番美味しく冷やせる場所はどこ?
 

スポンサーリンク

二日酔い防止方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

飲み会続きの二日酔いはとても辛いですよね…。新年が始まり、今年も新年会が開かれる時期ですが、今回ご紹介したようにちょっと意識するだけで二日酔いを予防することができるので、お悩みの方はぜひ試してみてください。

ばっちり対策をして飲み会を楽しんでくださいね!
 
関連:【お正月】お餅が喉に詰まる原因ってなに?子供や老人でも詰まらせずに食べられる方法
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ