切り餅 
今回のテーマは“お餅の食べ方”について。

お正月といえばお餅!日本人ならおそらくお餅を食べたことが無い人は居ないのではないでしょうか。長く伸びることから長寿のゲン担ぎとして、お正月にはお餅と決まっていますよね。

皆さんはどんな食べ方で食べるのが好きですか?

・焼き餅
・お雑煮
・おしるこ
・定番のお醤油
・きなこ
・海苔を巻く…etc

いろんな食べ方があって美味しいですよね。中でも特においしいのは、やっぱりつきたてです。柔らかくもコシがありよく伸びるのはつきたてならでは

そこで今回は、市販の切り餅をつきたてのお餅のように美味しく食べられる方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【お正月】お餅が喉に詰まる原因ってなに?子供や老人でも詰まらせずに食べられる方法
 

スポンサーリンク

まるでつきたて!買ってきた切り餅を美味しく食べる方法

餅を美味しく食べる方法

1.簡単!「水につけてレンジでチンしてつきたて」

一つ目は水につけてチンする方法

この方法で大切なのは【もち米】で出来た切り餅を選ぶことです。まずは原材料をチェックして購入してください。

ポイントはレンジでチンする前に、お餅を水に10分程ひたしておくことです。お水はお餅がしっかりと漬かるくらいの量にします

10分後、器に少し残るように水を切り、ラップをかけてチンします。一切れに対して30秒くらいを目安に様子を見ながら調整してください。

チンと鳴った後に1分程おいてから食べると美味しいお餅の出来上がりです。

2.柔らか!「茹でるとつきたて」

次はお餅を茹でてつきたてにする方法です。

お鍋の中でお餅同士が重ならない様にきれいに並べて、お水をお餅の倍くらいの高さまで入れます。

その状態でお水から火にかけて、沸騰してきたら弱火でゆすりながら2分程煮てください。2分たった後は予熱で柔らかくなるまで待ちます。

柔らかくなったらお湯から上げて完成ですが、そのままだとべたべたしているので一度整えてあげてから食べると良いですよ

3.蒸気で!「焼いて蒸すとつきたて」

最後は蒸気で蒸す方法

フライパンに油をうすくひき、強火で1分程度予熱して用意します。お餅の下側に水をつけてフライパンに並べていき、最後にお湯を大さじ1杯足したらフタをして30秒加熱します。

30秒だけで火は消してください。フタは開けずにそのまま予熱で7分待ちます。お水と空気の力でじっくりと加熱したら出来上がりです。

つきたてのお餅を美味しいまま保存する方法

つき餅の保存期間
ちなみに、買ってきた切り餅ではなく、つきたてのお餅が残ってしまった時は冷凍保存がお勧めです。

丁寧に1つずつラップに包んで、チャックのついた密封できる袋などに入れて冷凍保存しておきましょう。食べるときは自然解凍で柔らかいお餅が復活しますよ。

保存期間はなんと3か月から4か月ほどもつんですよ
 
関連:【年賀状の返信】出していない人から来たらどうやって返すべき?書き方や期限とかはある?
 

スポンサーリンク

お餅の美味しい食べ方まとめ

いかがでしたでしょうか?意外と簡単な方法で切り餅を美味しくいただくことができるということが分かりましたね。

最近ではご家庭でお餅つきをする家庭は少なくなってきたかもしれませんが、コシの強いよーくのびる美味しいお餅はまだまだお正月の楽しみですよね

お子さんからお年寄りまで家族みんなでお正月とお餅を楽しむためにも、是非これらのちょっとしたひと手間を加えてみるのはいかがでしょうか。
 
関連:【二日酔いを予防する方法】飲み会続きで体がツラい時に試したいお酒対策がコチラ
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ