やる気が出ない原因 
今回のテーマは“やる気の上げ方”について。

毎日の生活において最近どうもやる気が出ない・・なんて悩まされてる方はいませんか?

日々溜まっていく仕事に家事に勉強。やらなければいけないことがまだまだ残っているのに、なんだかやる気が出なくて行動できない。「やらなきゃ、やらなきゃ・・」と頭の中で唱えていても、体が動かない。

実はそんな「やる気が出ない」のは体からのSOSかも知れません

そこで今回はそんな時に試してみたい、やる気を出す4つの方法をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 
関連:【爪揉み健康法】揉むだけで体の不調が改善する?簡単で効果的な爪マッサージのやり方
 

スポンサーリンク

やる気が出ないのは体からのサインかも?

やる気が出ない
冒頭にて少し書きましたが、やる気が出ないのは心身からのSOSサインかも知れません。

お悩みの方は休息をきちんと取れているでしょうか。人間の心身というものはうまくできていて、自分が倒れてしまう前に様々なシグナルを送ります。

疲れた心身は休息を取るために脳に何もするなと信号を送ります。その結果、「やる気が出ない」という状態になってしまうのです

そんな状況で無理やり脳と体を働かせても良い成果は出ない上、ますます心と体が疲弊しやる気が出なくなる悪循環にはまってしまいます。

やる気を上げる4つの方法

やる気を出す方法
そこで、「どうもやる気が出ない・・」という時に試してみたいやる気を上げる4つの方法をご紹介しましょう。

1.好きな音楽を聴いてみる

やる気が出ない時は、一度作業を中断して音楽を聴いてみましょう。

音楽を聴くことは快感に関係する脳内ホルモンである「ドーパミン」の分泌に繋がり、心身をリラックスさせる効果があります

どうしても作業が始められないときは、30分ほど休憩してお気に入りの音楽に聞き入ってみると良いかもしれません。

2.軽い運動をしてみる

どうしても頭が動かない、思考が行き詰まった……。というときは体を動かすのがオススメです。運動をすると血行が良くなり、脳への栄養素の流れが改善されることで脳が活性化されます

3.睡眠時間をしっかり摂る

やる気を出すために重要なのは休息を取ること。締切に追われている方、睡眠はきちんと取れていますか?

睡眠時間とやる気には密接な関係があります。睡眠不足になると、記憶力、判断力、集中力など脳の機能が低下しぼんやりしてしまいます。伴ってやる気もなくなってしまうのです

どうしてもやる気が出ないという日が続く場合は、一日休息の日を取ってみても良いかも知れませんね。

4.太陽光を浴びる

太陽光を浴びる
太陽の光を浴びること。

人間は太陽の光を浴びるとセロトニンを分泌します。セロトニンには、精神を落ち着かせ心地よさや満足感を与える効果があります

朝起きたらカーテンを開けて室内の照明をできるだけ明るくするなど、光をたくさん浴びるように工夫してみましょう。心地よい朝は心地よい1日の始まりです。
 
関連:【昼寝をしよう】仕事が捗る!短時間で疲れが取れる休憩の取り方がこちら
 

スポンサーリンク

やる気を出す方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

やるべきことに追われ続けている現代人は、忙しくてきちんと休めていないという方も多いでしょう。ですが、自分が無理をしているのに気づかず、心身は悲鳴を上げ、悪循環にはまっているかもしれません

やる気が出ないことに根を詰めて悩むくらいなら、1度やるべきことから離れて心身をリセットしてからまた頑張りましょう。

この記事で紹介しただけでなく、自分がよりリラックスできるお気に入りの方法を確立しておくのも良いですね。
 
関連:季節の変わり目に体がだるいのはうつかも?秋に体調不良になる3つの原因と対策
 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ